2017年11月03日

近くの山々紅葉始まる     西春近

IMG_0016.JPG 恩師の奥さん お元気の九十七歳

山並みの紅葉する様振り返り
       恩師の家を吾は訪いたり


被災地の恩師 みな健やかなるか 恩の一字がだんだん軽くなるように思える世相か 忘れず忘れず と思う
posted by 大星雲 at 19:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

町の公園紅葉色

DSCN4656.JPG 身近の秋の色 またよろしいですね

ははこの声もみじの色して聞く公園


被災地でも紅葉の中の遊びの声 きっと聞こえることだろう その声が明日の復興の力となりますように
posted by 大星雲 at 20:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ブロック塀の秋

IMG_0166.JPG 作為なし 秋は全てを受け入れて

道路脇無造作に小菊咲きにけり


被災地にも無造作の美が疲れた心身を休めていることだろう どうか明日の力になりますように 
posted by 大星雲 at 14:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

日の出前の仙丈ヶ岳

DSCN4650.JPG どこからかうまい雲を探してきたな

仙丈ヶ岳棚引く雲を装う秋


被災地の山々もそれぞれ似合いそうな雲を探していることか 復興の目を休める雲を 
posted by 大星雲 at 14:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

冬に入る前の山の演出  木曽山脈

DSCN4638.JPG 挨拶をしているね わかるかな

それぞれ秋の姿や山の木々


豪雨で傷んだ山々の神々さま いかに過ごされておられるか  御心を痛めておられることだろう どうか御無事で 美しい山々をまた見せてください
posted by 大星雲 at 17:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

長谷 浦部落の旧役場

DSCN4562.JPG 旧役場 村人の今を思いいるね祈りいるね

村人を送り出したる旧役場
       秋の陽ざしに影語らんか


台風が続く 被災地では激しい風雨の中休むことなく片づけや修理に追われていることだろう 早く日常の暮らしとなりますように
posted by 大星雲 at 18:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

登山者見えぬ千畳敷     十月二十七日

DSCN4634.JPG 寂し と云う美がある 宝庫か

二十日前の尾根への賑わい今はなし
         千畳敷はいよいよ寂びし


もう数日で十一月 被災のみなさん 急かれる思いで大変なことだろう どうか強く強く
posted by 大星雲 at 19:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

這い松の濃きみどり    今朝の空木岳

DSCN4636.JPG これから真っ白の山か 名残惜しいよ

初雪消え這い松のみどり空木岳


大企業の数々の不祥事 辞書から「恥」の字が消えていってしまうような気がする なんと切ないことか
被災の復興に精一杯その日その日を生きておられる皆さんがおられるのに なんと情けないニュースを作ってしまうのか 復興の心の邪魔をするな うれしいニュースこころ励まされるニュースこそ復興への力なのだ
と思う
posted by 大星雲 at 09:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

今朝の空木岳

DSCN4626.JPG 空木岳を囲む木々の幹 冬への心構えか 

這い松に初雪そっと空木岳


山々の冬支度は早い 静かに強く楽しもうとしているのか 被災地にも人の楽しみを


posted by 大星雲 at 14:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

宝剣岳下 日暮らしの滝   十月九日の当ブログご参照ください

DSCN4615.JPG 今はさびしさが寂しさが

時雨れるや紅葉過ぎたる岳の滝


山は紅葉の去るは早い さし障りなく諸々の復興ができますように 天よ地よ人よ

posted by 大星雲 at 10:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

今朝の宝剣岳   (画像クリック3回) 大きくなります

DSCN4617.JPG 台風去り雨やめば 見る岳

台風の日本列島荒らしゆく
      宝剣岳に初雪を見る


なぜ急激な気象の変化なのか 気象も詩情を忘れてしまったのだろうか 天よ天よ 雨風に詩情をゆとりを どうか どうか  十月六日の当ブログの写真と山の変化を比べてみてください 
posted by 大星雲 at 18:04| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

往時を思わせる役場     長谷 浦部落

DSCN4567.JPG 旧役場 何かを語っているのだが 

今残る四軒のみの浦部落
      古き役場に秋の陽眩し


被災地も秋の陽を受けて こころの槌音高くね 
posted by 大星雲 at 21:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

浦への坂道    長谷 

DSCN4572.JPG 懐かしい古さに会いに行く

川を越え浦集落への登り坂
       平家の里に紅葉始まる


平家伝説はあちこちに在りか 被災地にもそんな懐かしさがあることだろう 良い復活をと思う
posted by 大星雲 at 19:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

ゴッホとゴーギャン展 より

DSCN4612.JPG 求め続けた素朴の世界
タヒチの牧歌   ポール.ゴーギャン

理想郷求めてタヒチに描きたる
         裸の少女の二人のすがた


素朴 という言葉 今はどこに残っているのだろうか 文明がどこかへ隠してしまったのか
被災地復興に 素朴という力強さがほしい
posted by 大星雲 at 16:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

浦上玉堂  山中独歩図    千葉市美術館

DSCN4607.JPG 山野秋景玉堂第一 天に理解された技量

遠目にも低き山並み紅葉染む
       玉堂好みし意中を覗く


被災地では仮設住宅の日々 秋景云々どころではないかもしれない どうか復興への毎日 心身お元気で
posted by 大星雲 at 15:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

平家の里   長谷

DSCN4570.JPG 時計の止まったような感じの集落

伝説の部落へ誘う道しるべ
    浦は紅葉の始まりに入るか


古い感じのする部落 世の競争を忘れさせてくれる 被災地にもこのような安らぎの景があったことだろう
posted by 大星雲 at 20:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙丈岳    長谷杉島

DSCN4564.JPG 名月はこの千丈岳の真上に

猪垣や千丈岳の納まりぬ 


原発事故の帰還禁止地区の猪などどうなっているのだろうか 寿命はどうなのか  ふと思う                                            
                                                        
posted by 大星雲 at 08:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

能登 海忘れず    

DSCN4373.JPG 美化された寂しさが付いて来る

残りたる能登の一景消すに惜し
     初秋の荒れたる海の寂しさ


被災地の秋 よろこびも 寂しさも一入のことだろう と思う お元気を
posted by 大星雲 at 18:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

能登の帰り 何気ない景色

DSCN4375.JPG 何と単調の景色か と思うけれど 

信濃路に入りて稲田と山を見る
    その姿より一月を過ぎぬ


被災地の農村も稲刈りを終えてとにかく一息ついたところだろうか 収穫はどうだっただろうか
posted by 大星雲 at 20:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

仁科三湖    能登の帰り

DSCN4386.JPG こんな道 何故懐かしさが

田の中を湖に続く草の道
   釣り人行き来の楽しみのありて


被災地 どれだけ懐かしさのこもった道が消えてしまったことか こころの大きな損失か
posted by 大星雲 at 19:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

中綱湖   仁科三湖    能登の帰り

DSCN4381.JPG みずうみを見ると気楽な穏やかさが

海を見てみずうみを見て一日の秋


中綱湖の木々 今は紅葉が始まっていることだろう 被災地山間も同じか 復興の仕事も紅葉の中に
posted by 大星雲 at 20:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

秋の野道     杉島地区

DSCN4563.JPG かわいい音に振り返る 気付いた幸せ

どんぐりの落ちて野道に音一つ


被災地にもほっとするような野の音などがあることだろうか こころ休まる時間が。。。。。ありますように
posted by 大星雲 at 20:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ベートーベンのこころの奥底

DSCN4007.JPG 楽聖の魂の深さか大きさか

秋天や人類の運命云う人云われる人


災害に逢うのも運命乗り越えるも運命か 希望も復興も素晴らしい運命
posted by 大星雲 at 21:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

坂本天山 勒銘石(ろくめいせき) 画像クリック3回

DSCN4601.JPG 古人の喜びは深い 今人恥ずかしい

感激を石に彫りたる天山の
     木曽駒ヶ岳もみじの盛り

霊育神駿 霊(れい)は神駿(しんしゅん)を育(そだ)て
高逼天門 高く天門にせまる
長鎮封域 長(なが)く封域(ほういき)を鎮(しず)む
維嶽以尊 維(こ)の嶽(たけ)以(も)って尊(とうと)し

坂本天山  [1745〜1803]江戸中期の砲術家 信濃高遠(たかとお)藩士 周発台とよばれる砲架を発明して、銃砲戦術論を展開 幕末にヨーロッパの軍隊と互角に戦うことができた唯一の和流砲術といわれる
(ネットより借記)

被災地の文化 古人の思いを思いて
posted by 大星雲 at 17:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

木曽駒前岳   十月十日朝

DSCN4605.JPG 前岳は大斜面 宝剣岳の影を映す

前岳の斜面の這い松緑濃し
        勒銘石は秋天の下に



勒銘石については明日記します  碑文漢詩の中に 維嶽以尊 (維(こ)の嶽(たけ)以(も)って尊(とうと)し)と云う句があります 被災地にも山を尊ぶ思いがあることでしょう
















posted by 大星雲 at 18:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

日暮の滝    宝剣岳の下に  昨日

DSCN4597.JPG 滝を望遠 久しぶりのうれしさが

秋の岳ゆたかな滝を紅葉の中に


被災地にもこんな景色があることだろう 見ればきっと活力が 復興への毎日の元気が
posted by 大星雲 at 20:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

登山者の列    宝剣岳

DSCN4594.JPG 望遠鏡とは都合のよいものですね

尾根に出る急坂のがれ道列なして
         登りゆく見ゆ岳の紅葉


被災地の観光は 早く客足が元に戻るとよいですね 観光事業の復興も大事に
posted by 大星雲 at 19:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

さよなら能登の海

DSCN4340.JPG わたしの声を聞いてくれた海

千里浜さよなら信濃路岳紅葉


被災地の被災前の景色の持つ懐かしさ こころの安らぎの復興を
posted by 大星雲 at 20:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

宝剣岳の紅葉     十月一日

DSCN4542.JPG 山登り女性みな張りのある顔

山に行く娘美し岳紅葉


被災地の山の紅葉 良し か 女性群登山者意気盛ん 男性群は さあどうかな みな復興の力となって
 画像 3回クリックしてみてください 画面一杯に大きくなります どれも傑作の画面 自画自賛
posted by 大星雲 at 18:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

千畳敷きの紅葉     十月一日

DSCN4556.JPG 錦織なすとはこの景なり ほんと

天に見せ地に見せ紅葉岳の貌(かお)


被災地の復興の貌 完成を楽しみ祈るばかりです
posted by 大星雲 at 21:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

海を見たくて見たくて

DSCN4359.JPG 叱ってくれた時の声か 懐かしい

海に来て海にわが名を呼んでみる
          よき人の声父母の声


被災地の方々も 自分の名を呼んでみたならば 。。。。。
posted by 大星雲 at 20:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ぼくの足跡  能登の砂浜

DSCN4357.JPG もう一人 わたしがいるね

能登の浜わが足跡を有り難く


被災地の秋の海 どんなだろうか こころ休まる姿だろうか  海よ たのむよ
posted by 大星雲 at 18:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

こんな写真もまた一興    御陣乗太鼓

DSCN4338.JPG 季節巡れば太鼓の音もまた巡る

能登の海御陣乗太鼓秋の音


被災地でもいよいよ秋 お元気な復興を祈っております
posted by 大星雲 at 16:40| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

栗を拾う    杉島地区

DSCN4586.JPG 栗を拾う 何と贅沢な行為か

落ち栗を拾う人なき村となり


豪雨被災地でも どうかこんな楽しさを忘れずに 復興に復興に
posted by 大星雲 at 20:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

山の紅葉進む   昨日

DSCN4549.JPG 「昨日はどのくらい雪が」月日は早い

雪解けの進むを日々に見し山の
     今日は紅葉の盛りをぞ見ん


豪雨被災地の山の紅葉は始まったか 見る時間はあるのだろうか ふと思う

posted by 大星雲 at 20:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

宝剣岳千畳敷紅葉

DSCN4542.JPG ジグザグの登山道 尾根に登る人あり

岳紅葉里は盛りの金木犀
     人生をふと思う時あり


金木犀の良い匂い 被災地のみなさんはどんな秋を過ごしているのだろうか
posted by 大星雲 at 18:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

男のおっぱい    能登御陣乗太鼓

DSCN4313.JPG おとこのおっぱい 何かおかしいね

男の乳房御陣乗太鼓や波の音


東北の海 どうかどうか あんな姿を作り出しませんように
posted by 大星雲 at 21:04| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

御陣乗太鼓 

DSCN4322.JPG おっかないぞーまいったか

古え人御陣乗太鼓の気迫満ち


天地を荒らす憎くっき悪鬼 懲らしめてやるぞ さあー参ったか これからは程ほどにせいよ わかったな
posted by 大星雲 at 18:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

世界農業遺産

DSCN4281.JPG 東南アジア稲作風景にもあるのではないか

時雨来る世界農業遺産千枚田


豪雨被災地にも棚田があるのではないか ゆっくりと眺められる日の早く来ることを
posted by 大星雲 at 20:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

喜んでおられる秋祭り

DSCN4525.JPG 逃げないで逃げないでと連呼連呼

三国奉納逃げたくもなる火花かな


逃げなければいけないこと 逃げてはいけないこと 岐路に立つ難しさ 被災地に良き知恵を 天よ
posted by 大星雲 at 22:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

大宮五十鈴神社秋祭り    昨日

DSCN4527.JPG 腹に響く大きな音を聞けること 
                                   大砲の音でないありがたさ

秋祭り打ち上げ花火の音に酔う


台風豪雨の被災地の復興の音 戦争の音でない音
posted by 大星雲 at 17:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

懐かしい稲架(はさ)  能登千枚田

DSCN4293.JPG 稲架には人の暖かな知恵が

秋雨や立てたる稲架から能登の海


機械的ではない被災地の復興を 人の温かみの見える復興を
posted by 大星雲 at 19:18| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

夏の賑わいの去った千畳敷    昨日

DSCN4457.JPG 秋の彼岸ごろから紅葉の見ごろが                               
紅葉待つ千畳敷きの静かなる


豪雨被災地 紅葉狩りなど思いもよらぬことか 一日も早くそんな日の訪れんことを
 
posted by 大星雲 at 20:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

久しぶりの宝剣岳

DSCN4465.JPG 二週間ぶりの山の挨拶が
                
台風の過ぎたる報や秋の山


家の中まで入ってきた泥水 住めるようになったのだろうか 無茶はどうかしないで 天よ 天よ


posted by 大星雲 at 19:51| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

軽トラと千枚田

DSCN4289.JPG 可愛く見える軽トラ 縦横無尽に働くよ

軽トラの通る細道千枚田


豪雨被災地の車 泥に浸かり水に浸かり なんと可哀想なことか 車にだっていのちがあるのに
どうかどうか一台でも多くの再起を 天よ天よ
posted by 大星雲 at 20:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

来るか来るか秋の雨

DSCN4291.JPG 天よ 願わくば 秋の情を壊さずに

ぽつぽつと落ちくる秋空千枚田


能登はボツボツと稲刈り 被災地はどうだろうか 豪雨でそれどころではないだろうか 助け給え 天よ 天よ 力を 力を
posted by 大星雲 at 14:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

能登の千枚田

DSCN4279.JPG 昔のお百姓の作った美しさ

秋雨の海に突き出す千枚田


昨日今日の台風 なんという暴挙だ 人の苦しみを見るのがそんなに嬉しいのか 情けない
人間と同じように平和への修行じゃ 互いに励もう
posted by 大星雲 at 20:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

能登和倉温泉卿

DSCN4277.JPG 遠くに宿を見る 昔の旅人の心情が

秋雨や和倉の湯宿は波の上


津波と放射能汚染 ニュースがだんだん遠くなってきた 現地は苦しみの連続 祈るのみか
posted by 大星雲 at 20:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

あちこちの小学校運動会

DSCN4428.JPG 好き嫌いか 他の勉強しっかりとね

運動会嫌いな子のあり秋海棠


運動会の時期 豪雨被災地の子供達はどうだったのだろうか くじけずにね

posted by 大星雲 at 16:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

中川一政の絵   ますのすしミユージアム  富山

DSCN4249.JPG 嘘でないと本当が見えないのね

秋雨の降るかと見せる北陸路
        一政の絵食堂に見る


中川一政は言う 「美術は美しさを第一にしてはならない 生きているかどうかを第一に考えねばならぬ」
豪雨被災地の毎日 元気な復興の日々に
posted by 大星雲 at 19:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

新潟の海   九月十一日

DSCN4247.JPG 海は見守っている 人々の知恵を勇気を

秋雨の雲の広がる越後路の
        糸魚川の海を見つつ過ぎたり


昨年暮れの大火 どうか皆の 町の心身の復興を 
posted by 大星雲 at 16:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

苦しみの克服    ベートーヴェン

DSCN4004.JPG 頭で音楽を聴いて 
                                   頭で人の声を聞いて   嘘がわかるな

楽聖の月を見上ぐやその眼


豪雨被災地の復興 第九の力を
posted by 大星雲 at 21:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

鈴虫盛んに鳴く

DSCN4002.JPG 耳の聞こえない自分
                                   如何にしていかにして

運命とは過去形とすべきものか
        鈴虫唯々唯鳴き続く


豪雨被災地 乗り越えて乗り越えて 運命を
posted by 大星雲 at 22:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

障害を取り除く心とは   楽聖ベートーベン

DSCN4001.JPG 耳が聞こえないことが
                                   作曲に良かったのだろうか

楽聖の聴力何処に秋来たる


ベートーベンにこんな苦労が 悲観して なんていうことはなかったのだろうか 強い
豪雨被災地の皆さん 当たり前の言葉ですが 頑張ってください
posted by 大星雲 at 21:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

徳本上人幟旗

IMG_3898.JPG 名号を抱き各地を歩き石碑をのこす

村人を安心の地に立たさんと
        徳本上人二百年を過ぎたり


二百年前 豪雨被災地を徳本上人は歩かれたのではないでしょうか 今日の被災地の苦しみどうかお助けください
   
posted by 大星雲 at 17:29| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

送り火の後始末   京都の友よりの写真と文

DSC00309 (2).JPG 送り火を見ると反省の心が少し

送り火や火床に残る炭と灰


友の曰く
「火床から見る京都市内です みなさん燃え残りの炭を持って帰って行きます 家のお守りや健康のお守りにされるのでしょうか お守りとして被災地の皆さんにもと思いますね」
posted by 大星雲 at 19:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

大文字焼き火床    京都の友よりの写真と文

DSC00335 (2).JPG 盆が終わり来年の盆まで

篝火の終えてさびしくなりにけり


友の曰く
「役目を終えた火床 来年はどんなお盆だろうか 被災地の復興はどうでしょうか」
posted by 大星雲 at 20:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

盧山寺の秋   京都の友よりの写真と文

DSC01492 (2).JPG 紫式部ゆかりの寺 
                                   桔梗を朝顔といったという

朝顔の花見る人や盧山寺秋


友の曰く
「源氏物語の当時は集中豪雨なんてあったのでしょうか 紫式部様 良い復興のできますことをどうかを祈ってください」
posted by 大星雲 at 22:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

日除けがさ  北野天満宮   京都の友よりの写真と文

DSC03454 (3).JPG こうもり傘では話になりません

天満宮へ揃う芸妓の日除け傘


友の曰く
「豪雨被災地復興 出来るだけ日本の美しい風俗習慣を活かしてと思いますね」
posted by 大星雲 at 20:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

久しぶりの宝剣岳

DSCN4207.JPG 災害の多い月でした さようなら

雨雲の多き八月過ぎゆけり
    九月の空に宝剣岳見ゆ


豪雨災害被災地 どうか気分良い九月となりますように
posted by 大星雲 at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

車窓に見る 「緑中有唯一戸」  飯田線

DSCN4140.JPG なんと難しいところに居をと思うが


天竜川対岸の山に一戸あり
   住む人如何に日々を送るや


アメリカも大豪雨と言う 年々酷くなる地球規模の災害か 天よ天よ 世界の復興を






































































































































































































































































































































































































































































































































DSCN4140.JPG













posted by 大星雲 at 20:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

散りゆく美学    天竜川花火大会

DSCN4196.JPG 見いる人の心が そこに

残像や虚空に無尽大花火


豪雨災害被災地の八月の打ち上げ花火 夜空に残るか 復興努力の慰労となりて
posted by 大星雲 at 22:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

寂しいものですね     天竜川花火大会

DSCN4193.JPG 遠くの花火は余計に寂しい

寂しさを打ち上げている花火かな


青森のねぶたが行ってしまった様な 被災地の復興のバネとなるのでしょうね
posted by 大星雲 at 18:53| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

田舎も進化   天竜川花火大会

DSCN4181.JPG 田舎には初心の驚きがあります

信濃路も新しき技の花火来て
       天竜川の賑わいの夜


片付けられぬままの流木 花火どころではない と思われることだろう 早い復興を祈っております


posted by 大星雲 at 16:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

修行の美です   京都の友よりの写真と文

DSC03628 (2).JPG 何気なく普段が出る 

踵揃う芸妓美し盆踊り


友の曰く
「被災地の方々 一日も早く とその普段を祈りますね」
posted by 大星雲 at 20:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

天竜川の花火大会

DSCN4183.JPG 打ち上げ花火の開く音 遠近で違う心情

尺玉や真下は長き天竜川


被災地の打ち上げ花火大会は開かれただろうか 心が奮い立ったことだろうか 花火への祈りが
posted by 大星雲 at 23:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

白き橋影   飯田線車中より

DSCN4137.JPG 静か過ぎます 人恋しくなります

天竜川ダム近づけば山の陰
       白き橋影暑き夏の日


豪雨の被災地 あちこちに出来 人命あちこちに散る  人口が少なくなるのになんという悲しさだ 
posted by 大星雲 at 20:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

温田の吊り橋   JR飯田線

DSCN4133.JPG 下車の学生 立派な吊り橋を渡る

天竜峡駅南下すればトンネル多し
        温田は広く学生下車す


盆を過ぎ被災地復興はとどこうりなく進んでいるだろうか 忘れてしまわないように と思う


posted by 大星雲 at 20:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

八朔    京都の友よりの写真と文

DSC03580 (3).JPG 藍と白 清潔な色気か

後れ毛の一言二言浴衣かな


友の曰く
「片付かぬままの被災地 盆には浴衣など着ることができただろうか ふと思いました   」
posted by 大星雲 at 20:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

強き意志   ベートーベン

DSCN3995.JPG 腕を掴まれる 凄い表現ですね

アメリカの皆既日食第九聴く


豪雨被災地 あの沢山の流木 家に入り込んだたくさんの砂 考えても恐ろしいがこれが現実の人たちがおられる おられるのだ
posted by 大星雲 at 20:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

上七軒盆踊   京都の友よりの写真と文    八月十二日

DSC03588 (3).JPG 指先に神経が 修行の賜物じゃ  

天を指す指美しき芸舞妓


友の曰く
「昨日は上七軒盆踊りでした 油断のない踊りの指先と思いました 被災地こんな気持ちの復興ができれば と思いました」



posted by 大星雲 at 11:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

小山郷六斎念仏 京都の友よりの写真と文   八月十九日

DSC00811 (2).JPG 京都というところ 古を大事に大事に

念仏や古き都に今日もあり


友の曰く
「昨日は上御霊神社の例祭で小山郷六斎念仏奉納がありました 被災地に届け届け と思いました」
posted by 大星雲 at 22:39| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

五山の送り火   京都の友よりの写真と文    八月十七日

DSC00239 (3).JPG 写真手前のレンガ積みのところへ
                                   それぞれに薪を積み燃します

送り火や蕪村の描く町の人


友の曰く
「昨夜は五山の送り火でした 今朝、大文字登山をしてきました 被災地のお盆の様子を思いました」






posted by 大星雲 at 21:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ベートーベンという人    NHKクラシック音楽館

DSCN3992.JPG 暑さを忘れているとき 貴重貴重

田園も運命も聴く三十五度


盆も終わっていよいよ復興の被災地 ベートーベンの強さを


posted by 大星雲 at 16:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

為栗(してぐり) という駅   JR飯田線

DSCN4135.JPG 幽境と言うか ここを

迫り来る緑盛んな夏の山
      為栗という名の駅ありて


故郷の盆に帰ってきたたくさんの眼 被災にどんなに驚かれたことか どうかどうか
posted by 大星雲 at 20:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

静か過ぎる駅   飯田線の駅

DSCN4136.JPG 百日紅咲いて余計に寂しい

人影の見えない駅や百日紅


被災地のみなさんのお盆はどうだろうか 可哀そうなこと  ご先祖も悲しい 離れては祈るのみか
posted by 大星雲 at 15:32| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

八朔    京都の友よりの写真と文

DSC02384 (2).JPG この人たちには姦しいと言うことなし

笑う門実行力あふる芸妓かな


友の曰く
「正しきことの実行 勇気のいいることですね 被災地にも諸々の勇気を 天よ」
posted by 大星雲 at 22:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

八朔    京都の友よりの写真と文

DSC02497 (2).JPG 美しい声が聞こえるような写真

京言葉静かに進む芸妓かな


友の曰く
「一人暮らしの被災地の方々 会話を忘れずにおられるでしょうか 言葉が少なくなりがちなことが心配ですね」
posted by 大星雲 at 21:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

飯田線車窓より

DSCN4129.JPG 不思議な気持ちとなる景色か

ダム近し緑の中の小舟かな


被災地の従来の景色はなくなってしまったのか 切ないことである 傍ではわからない寂しさが
posted by 大星雲 at 22:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

豊橋へ

DSCN4128.JPG 発車するとすぐにトンネル

豊橋へ百三十六のトンネルに
      今入らんとす八月の黒


被災地のお盆はどんなお盆となるのだろうか 本当にお気の毒なことである 





posted by 大星雲 at 21:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

長刀鉾 御池新町の辻回し   京都の友よりの写真と文

DSC00577 (2).JPG 古都の美の奥行の深さです
                                   尊い無茶でしょうか

美しき強引と言うか辻回し


友の曰く
「被災地の復興に権力による強引な事例はないか 日が経つほどに油断はできませんよ よく見てよく見て
取材のため一般の人の撮れないアングルで撮れました」
posted by 大星雲 at 15:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

堂々と禿    祇園祭    京都の友よりの写真と文

DSC00476 (3).JPG 今の子供は人怖じしないですね 羨ましい

鉾降りて禿の歩く大路かな


友の曰く
「被災地 子供たちは元気で飛び跳ねていることでしょうね 子供が少なくなるご時世 健やかに健やかに」 
posted by 大星雲 at 18:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

天竜峡駅より対岸を

DSCN4127.JPG 足湯に入って天龍峡を見る 良い気分気分

向こう岸に百日紅咲く天竜峡
      小さき屋根の足湯のありて


被災地の応援の皆さん 風呂などどのようにされているのだろうか 毎日の疲れは消えているのだろうか 天よ
posted by 大星雲 at 20:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

天竜峡駅八月の朝   JR飯田線

DSCN4124.JPG 暫くすると天竜舟下りの客でにぎ合うか

百の余の隧道始まる駅の朝
     土産物店掃除始めて


今日は台風が九州に近づくという なぜ雨も風も質が悪くなったのか 何故の天の意か 
posted by 大星雲 at 20:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

剛力さんの晴れ姿  長刀鉾    京都の友よりの写真と文

DSC00436 (2).JPG 金メタルの表彰台の気分の剛力さん

剛力さん肩に乗せたる稚児軽し


友の曰く
「被災地の子供も肩に乗れば大安心でしょうね 早くそんな時が来て欲しいですね」
posted by 大星雲 at 20:13| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

長刀鉾 稚児の舞  京都祇園祭   京都の友よりの写真と文

DSC00312 (2).JPG 禿の手つきの真剣さ 一生懸命の目

付き人の禿の手を借り稚児の舞


友の曰く
「豪雨被災地の仮設住宅の子供たち 窮屈に負けずに元気でいるだろうか」
posted by 大星雲 at 20:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

八月一日の祇園町   京都の友よりの写真と文   八月二日

DSC02401 (2).JPG 前と違う後ろの奥深さか

八朔や三本足の項(うなじ)かな

うなじ
友の曰く
「昨日 祇園町では正装の芸舞妓さんが暑い中を挨拶廻りでした 町中に全国からのカメラマンが大勢きました 美しさは暑さを忘れさせてくれますね 被災地はこことは逆でしょうね お体お大事にと言葉をかけたくなります」






posted by 大星雲 at 21:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

貯蔵庫    シャトー勝沼

DSCN4121.JPG ここで己の成長を天に任せるか

貯蔵庫に馥郁を得てワインかな


被災地のボランテアの皆さん このバカ暑い中どんなにか大変なことであろうか ありがとうございます
posted by 大星雲 at 20:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

小町おどりの少女

DSC00631 (2).JPG 事に向かうに迷いなし 

小町おどり少女のまなこの確かなる


友の曰く
「被災地のこと 忘れない少女でしょうね」

posted by 大星雲 at 19:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

シャトー勝沼

DSCN4120.JPG 塗り壁の面白さか 
                                   さてはムードでも酔わせてくれるね

貯蔵庫や壁に取り付く灯一つ


灯下の安らぎ 早く被災地の皆さんに 
あちこちに豪雨の被災地を作ってしまった七月が今日で終わる 良い八月がどうか来ますように


posted by 大星雲 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

白峰神宮七夕祭小町おどり   京都の友よりの写真と文

DSC00437 (2).JPG  一年経てばこの上手さ 
                         大人の真似れない何かが

幼子の去年今年の踊りかな



友の曰く
「被災地の幼子 どんな日々を送っているのでしょうか 笑い声を失わずにと思いますね」 
posted by 大星雲 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

河口湖足漕ぎボート君

DSCN4116.JPG 平和という景色です

湖や足漕ぎボートの二艘寄る


豪雨 収まったか 
コレカラハコンナコトシチャイケナイヨ タノムヨ ホントニタイヘンナノダカラネ ワカッテネ
posted by 大星雲 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

波静かな河口湖

DSCN4112.JPG 見えない寂しさ 
                                   ストリップと同じなんて言う人は いないね

富士の影見えずに去りぬ河口湖


集中豪雨の神様 どうかもうお下がりください 今度はどうか嬉雨を 嬉雨を お願いいたします
posted by 大星雲 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

童心太古の如し  蹴鞠  白峯神宮  京都の友よりの写真と文

DSC00316 (2).JPG 紫式部も清少納言も笑っているね

笑う声千年前の蹴鞠かな


友の曰く
「なぜ今年は例年になく豪雨の前線が同じところに居座るのか 何事も極端はよくないのにね
早く正常に 正常に 京都の神々様に祈りますよ」
posted by 大星雲 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

蹴鞠   白峰神宮    京都の友よりの写真と文   七月九日

DSC00339 (2).JPG サッカーの神様も昔を懐かしく
                                   思われることでしょうね

鈍い音衣装で華やぐ蹴鞠かな



友の曰く
「七日は白峰神宮七夕祭で蹴鞠奉納もありました 落とさないように困る人がいないように復興ができますように と思いますね」
posted by 大星雲 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

富士山五合目の幼稚園児

DSCN4103.JPG日本の宝の大集合 みんな元気で成人にね

五合目や揃った園児の赤き服


北九州についで今度は秋田県 東北地方 なぜ集中豪雨になったのだろうか 今年は全く例年と違う 
なぜ なぜ なぜ 天よ天よ 理由と知恵を 天よ


posted by 大星雲 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

みやび会お千度   京都の友よりの写真と文  七月九日

DSC00273 (2).JPG 振り向きたくなる後ろの表情 ですね

赤の色はいのちと舞妓揃い行く


友の曰く
「九州豪雨 あちこちの市職員の応援の派遣が始まるという 混乱が早く治まるようにと祈りたいですね 」
posted by 大星雲 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

富士山五合目 

DSCN4097.JPG 登山者が楽しみに雪渓を遊ぶか

雲透けて富士の残雪二ヶ処ほど


北九州豪雨被災地 家に入り込んだ土砂はみなさんの手で取り除かれただろうか 天よ お力を

posted by 大星雲 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

木曽山脈残雪    その八

DSCN4086.JPG 雪が溶けて遠州灘に着くのはいつの日か

新緑の谷間に残る雪の下
     雪解けの水流れいるらし


国民の代表 豪雨災害被災地応援のボランテアの方々こそ  
posted by 大星雲 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

祇園祭 長刀鉾しめ縄きり   京都の友よりの写真と文  七月十八日

DSC00070 (2).JPG 生き神様こんなに高いところに

お千度の儀終えて今日見る晴れ舞台
          注連縄切りを無事になしたり


友の曰く
「お稚児さんは京都の祇園祭の生き神として長刀鉾に乗ります 豪雨被災の少年少女の皆さん 土地の祗園祭はどうでしょうか」



posted by 大星雲 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

みやび会お千度    京都の友よりの写真と文

DSC00159 (3).JPG 二本の帯 たしか二本ですねえ
 
拝む手のまたやわらかき舞妓かな



「豪雨 地球を取り巻く環境 どうなってしまったのでしょうか 何か知らない宇宙の事情でしょうか 天よ天よ」
posted by 大星雲 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

どう言う帯結びなのかな     八坂神社

DSC00097 (2).JPG 寫眞を見てうぅーんと唸ってしまう ね

聞かずには居れないような芸妓の手
          八坂神社の鈴の音続く


被災地の悲報続く 目を逸らさずに聞く


posted by 大星雲 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

残雪 その七  宝剣岳と千畳敷   七月十五日

DSCN4082.JPG 雪山の威厳が消えてしまって

残雪を土産に思いし少年の時


北九州被災地の少年少女の皆さん 学業は前の状態に戻りだしたでしょうか 祈っておりますよ
posted by 大星雲 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

芸舞妓お千度  八坂神社  京都の友よりの写真と文   七月九日

DSC00108 (2).JPG どんな洋服もこの雰囲気落第

揃いたる浴衣のひと群れ芸妓かな


友の曰く
「七日は祇園甲部の芸舞妓さんの八坂神社お千度の儀式がありました
 北九州の豪雨災害のこと 驚きと悲しさを思われたことでしょうね」
posted by 大星雲 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

昨日はうまく表示できずすみませんでした 元気ないのち

IMG_3562.JPG 花梨の「少年の時」ですね

梅雨の雨止めば涼しき風来たる
      花梨のみどり濡れて光りぬ


被災地の報道 こんなことになっているのか 平和で過ごした村落が 驚くばかり
募金が始まったという ボランティアの方々 本当にありがとうございます どうかお願いいたします




posted by 大星雲 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

お稚児さん お千度参り    京都の友よりの写真と文

DSC08905 (2).JPG 無心に添える付き添いの手

稚児の手の可愛く口をすすぎけり


北九州の豪雨 子供たちはどんなに怖い思いをしたことか これからの家のことも子供心に心配なことであろう 早く子供に安心を 安らぎを
posted by 大星雲 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

昨夜のお月さん

DSCN4076.JPG 大きな祈りを お月様

ボランテアの背中を照らす十七夜


命拾いをして母親の背中で寝ている子もきっといることだろう お母さん宝物の実感 幸あれ幸あれ
posted by 大星雲 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

今 夜九時十一分の月と雲  旧暦五月十七日

DSCN4079.JPG 見て下さい どうか助けて下さい

真っ直ぐに被災地照らす十七夜



梅雨に出会ったお月さま
posted by 大星雲 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園祭お千度の儀 八坂神社   京都の友よりの写真と文 七月二日

DSC08850 (2).JPG さすが京都ですね 紋付袴を着こなして

稚児の手を握ればこぶし手の中に


友の曰く
「七月の末までの一ヶ月間 祇園祭に関する様々な神事が八坂神社を中心に行われます 八坂神社の神様もご多用でしょうが 被災地の復興のお導き お願い申し上げたいです」 


posted by 大星雲 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

残雪別れを惜しむか

DSCN4063.JPG 去りゆく声か 聞こえるね

この山の残雪見納め緑濃し


豪雨被災地 鎮魂の昨日今日か なんと痛ましいことか ああ
posted by 大星雲 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

町の子供参加の祇園祭

IMG_3552.JPG 子供の姿には嘘が見えない

ふっくらと少年の足祇園祭


豪雨被災地 少年少女無事か 苦難をどうか乗り越えてね どうかどうかね 頼むね 祈っているよ
posted by 大星雲 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

木曽山脈残雪 その五 久しぶりの宝剣岳

DSCN4049.JPG 幾日行き合わなかったのだろうか
                                   こんなに雪が無くなっていた
残雪の消えゆく岳や裸婦の像


何と云う事だ 九州の豪雨 自分にあの災難が降りかかっていたならば と思うと.....
歳末助け合いには協力をしよう と思う テレビ報道の惨状を忘れずに.....
posted by 大星雲 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

十王堂  閻魔様紫陽花を愛でる

DSCN3977.JPG 部落の辻は良い昔を思わせる 

紫陽花や部落の辻の十王堂


今日の九州の雨はどうなのか 祈るのみか ご無事を
posted by 大星雲 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

天が滅茶苦茶か それとも人間が滅茶苦茶か

DSCN3987.JPG 幾つもの楽器音階の組み合わせ 
                                   楽聖の思考はどうなっているのだろう

日本の空梅雨の大雨の報続く
        風呂掃除終え録画聴きたり


一仕事の後の安らぎ 被災地のみなさんに今日の復興の安らぎを 天よ


posted by 大星雲 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

天竜川を毎日見ている集落

DSCN3974.JPG 抒情は遠くを思うにあり

天竜川梅雨の川音遠く聞く


今日一日でその土地の一ヶ月降った以上の雨の降ったところがあると報じる なんということだ
何かがおかしくなっている あちこちの被災地ではどうだろうか 復興事業にさしつかへなければ有り難いが どうかどうか 天よ
posted by 大星雲 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

山が見えたならば      昨夜の月

DSCN3984.JPG 月も人界を見ぬは寂しいだろう

梅雨続く幾日ぶりか雲間の月
    明日は晴れるか残雪を見ん


福島原発避難地区のみなさん 私たちの知らない苦しみがあるのではないだろうか

posted by 大星雲 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

雲が生まれる時    田切部落

DSCN3970.JPG 生んでくれた山に雨雲感謝しているね

梅雨最中雲生まれ出で山巡る


被災地復興のお仕事 蒸し暑いじわっとした汗の日々か
posted by 大星雲 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

健康なる白百合

IMG_3478.JPG 梅雨に咲く花 みな元気が良い

白百合や梅雨の合間の黒き土


なぜあちこちに記録を塗り替えるような雨が降るのだろうか 被災地をあちこちに生み出してしまう宇宙からの人類への警告か 思い上がりの人事にか
posted by 大星雲 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

梅雨にも負けず 頑丈な車体を持ち

DSCN3983.JPG 広々とした緑一色 軽トラの一人天下

軽トラの一台入りたる青田かな


被災地の復興 軽トラ疲れたとも云わず黙々と大活躍か ご苦労さんご苦労さんほんとにご苦労さん
posted by 大星雲 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

紅山紫陽花(くれない山あじさい)咲く

DSCN3967.JPG くれない山あじさい 
                                   なんと床しい呼び名なのだろう
                                   声に出せば 日常のわだかまりが消えるよ
                                   うな気がする

紅と呼ぶ人のあり山紫陽花


各地の被災地も紫陽花の盛りか こころ休める紫陽花であって欲しいです
posted by 大星雲 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

辣韮(らっきょう)を掘る     中澤永見山部落

DSCN3959.JPG ひと畝半分ほど掘って帰っていった

梅雨の間や辣韮(らっきょう)掘りて主婦帰る


蒸し暑い梅雨の合間 被災地の主婦さん 元気に過ごされておられるだろうか と思う
posted by 大星雲 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

家畜番の少女   ゴーギャン   ゴッホとゴーギャン展

DSCN3965.JPG 少女は何を思っているのか

ゴーギャンの描きたる少女家畜番


被災地の家畜の毎日 すこしは住みよくなったのだろうか 福島の立ち入り禁止地区の家畜はどうなっているのだろうか
posted by 大星雲 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

木曽山脈残雪 その四

DSCN3950.JPG どんな音を立てて雪崩は終わるのか

残雪に幾十筋のなだれ跡
     尾根に向かう登山者ありて


昨日は木曽王滝村に大きな地震有り 天よ天よ どうかどうか 鎮まらんことを
posted by 大星雲 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

宮沢賢治    雨ニモマケズ

DSCN3962.JPG 賢治の字 一字一字尊し

詩魂入る茅葺きの小屋四季巡る


被災地の復興 賢治の思いが アラユルコトヲ
posted by 大星雲 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

小さな茅葺きの小屋にいて    中澤永見山部落

DSCN3957.JPG 雨ニモマケズ
                                   風ニモマケズ
                                   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
                                   丈夫ナカラダヲモチ
                                   慾ハナク
                                   決シテ瞋ラズ
                                   イツモシヅカニワラッテヰル
                                   一日ニ玄米四合ト
                                   味噌ト少シノ野菜ヲタベ
                                   アラユルコトヲ
                                    ジブンヲカンジョウニ入レズニ
                                   ヨクミキキシワカリ
                                    ソシテワスレズ
                                   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
                                   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
                                   東ニ病気ノコドモアレバ
                                   行ッテ看病シテヤリ
                                   西ニツカレタ母アレバ
                                   行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
                                   南ニ死ニサウナ人アレバ
                                   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
                                   北ニケンクヮヤソショウガアレバ
                                   ツマラナイカラヤメロトイヒ
                                    ヒドリノトキハナミダヲナガシ
                                   サムサノナツハオロオロアルキ
                                   ミンナニデクノボートヨバレ
                                    ホメラレモセズ
                                   クニモサレズ
                                   サウイフモノニ
                                   ワタシハナリタイ


緑中の茅葺き一軒梅雨近し


あちこちの被災地梅雨近しか 梅雨の最中も気持ちの良い復興の槌音を
posted by 大星雲 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

雨の後 さつま芋の苗を植える

DSCN3955.JPG 馬鈴薯は地中の林檎と言われる 
                                   可愛いい花だよね

さつま芋植えるや馬鈴薯の花のそば


被災地では農作業は上手く進んでいるのだろうか 片付けの合間にか 大変なことと思う 祈る 豊作を
posted by 大星雲 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

待ちに待った雨

DSCN3946.JPG オリーブの木の緑 夢中で絵筆動かすか
オリーブ園  ゴッホ

日々待ちぬ六月の雨降りにけり
   肌寒き部屋にゴッホの本見る


今日は広く激しき雨と報じる 被災地でも待たれた雨か どうか復興を妨げない雨に
posted by 大星雲 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

日本画教室  日本画教室三十余年

DSCN3923.JPG 女生徒に囲まれる幸せ 尊し

友の持つ日本画教室三十年
     女生徒揃いて若き気の充つ


被災地の自然の景色 懐かしい景色 復興の力が及んでいるだろうか 及ぶ復興となりますように
posted by 大星雲 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

木曽山脈残雪  その三

DSCN3908.JPG 雪形は生きているのです

雪形の解けて海まで長き旅


被災地も雪形を見ながらの農作業か 腰を伸ばして雪形を見る
posted by 大星雲 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

木曽山脈残雪 その二

DSCN3906.JPG 消えゆくほどに愛惜が

沢筋の残雪今日も息するか


被災地の山々の残雪の景を思う 復興に働く人々も残雪に過ぎる日の速きを思うか
posted by 大星雲 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

木曽山脈の残雪望遠 その一

DSCN3896.JPG 自然と持ち場を心得ているのか

岩の根に点々々と残雪の
      斜面の草々みどりみどりして


高山植物が一面のみどりに驚く 雪のあるうちはまだまだと思っていたが草々の頭脳はそんな甘いものではなかった お花畑の用意怠らず だ 脱帽 被災地の復興事業つつがなく進んでいるだろうか

posted by 大星雲 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

舞妓奉納踊り   平安神宮   京都の友よりの写真と文

DSC01939 (2).JPG 仕草のいっそう引き立つ袂 美しい品

振るごとに袂かわゆい舞妓かな


友の曰く
「被災地の夏の風 乙女のたもとを楽しむか」

京都の友へ 
美しい写真 珍しい写真 いつもありがとうございます
今回頂いた舞妓芸妓の写真のブログ 多くの皆さんに見ていただいております これからも繰りかへし見ていただけると思います 美しい女性は強いです また 五月三十一日付けの 「人間が猛獣となるか」は超人気です 素晴らしい顔つきを撮っていただきました 毎日必ず何人かが見ておられます また折がありました時にはぜひ 京都の風情を送ってください お願いします お元気で  松謠堂文庫主人
posted by 大星雲 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

蛍袋が咲きました

DSCN3903.JPG 植物の知恵 何処にあるのだろうか
                                   不思議不思議大不思議

蛍袋中で休める吾の分身


被災地復興の知恵 どうか存分の活用を どうか若々しい知恵を
posted by 大星雲 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

舞芸子奉納踊り   平安神宮  京都の友よりの写真と文

DSC01906 (2).JPG 同じ人間かと思う 美しい血一杯か

芸術を頭に載せて芸子かな


友の曰く
「おお日本 世界に冠たる頭上の芸術 被災地復興の合間に 逞しき想像こそ明日の活力 と思いますね」
posted by 大星雲 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

浦上玉堂展      千葉市美術館

DSCN3897.JPG 高士の姿勢 若々しいですね
野橋春意図     浦上玉堂ひつ

春がすみ野橋の高士杖一本


被災地の復興 里山の姿は震災前の姿 懐かしさを取り戻しただろうか
posted by 大星雲 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

少しずつなくなる山の雪   空木岳

DSCN3893.JPG 少しずつ毎日毎日か 怠けていないね

六月に入れば消えゆく山の雪
    木々の枝々薄茶の色見せ


被災地の山の雪 溶け出せば農事のこころは急くことだろう 二つの事一緒 どうかお体大事に
posted by 大星雲 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

芸舞妓の奉納踊り    平安神宮   京都の友よりの写真と文

DSC01957 (2).JPG 日常の勉強が美しさを増すのか

手に心添えれば松の緑濃し


友の曰く
「平安神宮もいよいよ夏の緑です 被災地はどうでしょうか 復興の成果の良い話を聞きたいですね」
posted by 大星雲 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のいちばん小さく見える満月    昨夜六月九日

DSCN3891.JPG 月が失くなったら 寂しいよ

勤行や満月を背に帰りけり


昨夜の満月は今年一年で地球から最も離れ一番小さく見えるお月さま 被災地でも手を休めて見入ったことだろう あすの活力となれば尚々
posted by 大星雲 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

ベートーベンの強きものとは

DSCN3884.JPG 第五を聴けば素直に勇気が と思う

楽聖と無縁の日々あり山河青


被災地の山々もむせるような緑一色か ベートーベンの強き何かを今日の力に




posted by 大星雲 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

ベートーベンと「運命」

DSCN3871.JPG 包容力を指揮者に感じるよ

六月の雨は寒しまた「運命」を聴く


寒暖の差 激しき年なり ストーブの弱 居心地よし 被災地もか どうか実のある復興を
posted by 大星雲 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

御霊祭  上御霊神社   京都の友よりの写真と文  五月二十二日

DSC03818 (2).JPG 日本の経済にこんな力の結集を

神輿揃う暴れる力沸々と


友の曰く
「十八日は上御霊神社のお祭りでした ポスターに私の写真が使われましたのでお礼のつもりで今年も撮影に行ってきました 御所の朔平門前に三基の神輿の集結です 熱気ぷんぷんです 被災地の祭り神輿のことを 思いました」
posted by 大星雲 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

京都えびす神社例大祭     京都の友よりの写真と文

DSC07374 (3).JPG 腹の底から声を出していますよね
                                   写真を見れば ほら 聞こえるでしょう

掛け声や神輿は高し京恵比寿


友の曰く
「えびす神社の例大祭です 神輿を高く投げ上げて進みます 被災地復興 こんな姿でと祈りたく思いますね」
posted by 大星雲 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

葵祭り    京都の友よりの写真と文

DSC02399 (4).JPG 馬と牛 祭りの雰囲気が違いますね

葵祭りお稚児ゆっくり牛車ゆっくり


友の曰く
「被災地の春祭り 楽しく出来たでしょうか 葵祭を見ながら ふとそんなことを思いいました」 
posted by 大星雲 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

仙洞御所の藤の花   京都の友よりの写真と文   五月七日

DSC01305 (2).JPG 一生懸命演じている藤の気持ちが

隙のなく姿整う御所の花
    藤の花房豊かに咲きたり


被災地の里山 藤の花のさかりか 復興の様を見ていることだろう 

posted by 大星雲 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

南駒ヶ岳の雪形     吉瀬部落

DSCN3860.JPG 雪形の良く似合う信州伊那谷

雪形を横一列に南駒


被災地でも雪形がだんだん消えていくことだろう 復興は日に日に忙しく そうあって欲しいですね
posted by 大星雲 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

葵祭斎王代  下賀茂神社   京都の友よりの写真と文   五月四日

DSC05460 (2).JPG お供はみなほっぺふっくら
                                           どこもふっくら

ふっくらとした伴を従え斎王代


友の曰く
「今日は下鴨神社で斎王代・女人列御禊の儀が行われました 十九歳の大学生さんです 被災地の復興は女性のちからでしょうか お元気でと思います」




posted by 大星雲 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

島田娘   木曽駒ケ岳雪形

DSCN3834.JPG 画面中央 島田髷に結った横顔

雪形に今年も逢えり田植え歌


被災地の山々 今 雪形の盛りか 農作業のさかりか 雪形は故郷の守り神 と古人は言う
posted by 大星雲 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

人間が猛獣と成るか  競べ馬騎士爆走  京都の友よりの写真と文

DSC05656 (2).JPG 神事の力 見る方も力が入る


猛獣の声まで出して競べ馬



友の曰く
「この声をこの馬力を被災地の復興に 見ていて思いました 馬力ですよ馬力」
posted by 大星雲 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

葵祭り はじまる     京都の友よりの写真と文

DSC00919 (2).JPG 人と親戚付き合い でしょうか

競べ馬ひとは脇役太古から


友の曰く
「葵祭の前儀として五日に行われる「賀茂競馬(くらべうま)です 京言葉を使いそうな御馬さんです
被災地などではもう見ることはないでしょうね 」
posted by 大星雲 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

流鏑馬の国際化   下賀茂神社  京都の友よりの写真と文

DSC05131 (2).JPG 上手くやろうなんて馬は思わないね
                                   唯々一生懸命に

流鏑馬や邪念の見えぬ馬の面


友の曰く
「今年は 女性やフランス人の射手が参加されていました 被災地にも大勢の外国の方が訪れて欲しいですね」










posted by 大星雲 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

流鏑馬     下鴨神社    京都の友よりの写真と文   五月四日

DSC05087 (2).JPG 馬は唯々一生懸命 可愛いですね

流鏑馬や緑の中の的一つ



友の曰く
「昨日は 葵祭の前儀の流鏑馬神事が下鴨神社で行われました 被災地復興の祈りもあったことと思います」
posted by 大星雲 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

芸舞妓の奉納踊り     平安神宮   四月十七日

DSC01936 (2).JPG いいですね ほんとにいいですね

芸妓舞妓年の違いもまた美しく


友の曰く
「平安神宮では、芸舞妓さんが 踊っていました 復興に追われる被災地の皆さんにお見せしたかったです」
posted by 大星雲 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

鹿除けも景色のひとつ    永見山部落

DSCN3711.JPG 早朝 鹿が飛んで歩くという

鹿除けやさくら花桃咲く部落


被災地の田畑は鹿などの被害はどうなのだろうか 共存共栄 相手によりけり むずかしですね
posted by 大星雲 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ゴッホとゴーギャン展   都美術館

DSCN3827.JPG 一途な筆使いが伝わってくる
刈り入れをする人のいる麦畑    ゴッホ

療養院の鉄格子より見る麦畑
     教会に代わる黄色き太陽は


被災地でも麦畑は黄色くなりかけたころだろう 農村復興の姿が ゴッホにとっては太陽は信仰の象徴 か

posted by 大星雲 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

アパホテル(浅草蔵前)    五月四日

DSCN3768.JPG どの部屋にもこの三冊が

DSCN3766.JPG  有り難たいです

国の名の三文字用い名付けたる
      アパホテルと言う強き思いは

被災地にもアパホテルがありまた新しく建つことだろう どうか復興の一助にも百助にも
アパ的座右の銘 「願望は自ずから実現する」

posted by 大星雲 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

東京タワー健在

DSCN3777.JPG この足を踏ん張った姿が大好き

見上げればまた懐かしさタワーかな


皆 足を踏ん張って生きているんだよね 被災地も私たちも 天は見ておられると思うよ
posted by 大星雲 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

退蔵院石庭     京都の友よりの写真と文

DSC02858 (2).JPG 眺めよろしき石と砂

石庭やしだれ桜の愛深し

友の曰く
「この写真を撮ったとき少しあちらの方を思いました わたしの何とか根性でしょうか 被災地に健全にして盛んなるそれを なんて思いました」
posted by 大星雲 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

京都退蔵院のしだれ桜    四月十九日   京都の友よりの写真と文

DSC02423 (2).JPG 散るも美し かくありたし 修行じゃよ

散る桜受ける砂紋の真面目なる


友の曰く
「今日は雨の京都です 退蔵院の桜も砂紋に散っています 被災地でも町の桜に風情のある復興ができて欲しいですね」

京都の友の写真 大分前に頂いていますが貴重な京都を写した写真ですので大事に長い期間使わせていただくつもりです 月日に煩わされることなく京都の空気を感じ取っていただきたいと思います よろしくお願いいたします 松謠堂主人
posted by 大星雲 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

熊沢岳の五月

DSCN3817.JPG 樹形の見え出すを待つ楽しみ

僅かわずか根雪溶けいる熊沢岳
    岳樺の木々の漸くに現れて


被災地の山里 白あり緑ありそして五月の空の色 復興に天のお力を
posted by 大星雲 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

笛の音   奉納    京都の友よりの写真と文

DSC02206 (2).JPG 神殿で独奏 気分 この上なし

笛の音や五月の空を存分に

友の曰く
「被災地復興 晴れた五月の日々 みなさん嬉しかったことでしょうね」
posted by 大星雲 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

白牡丹咲く 何年振りか

DSCN3811.JPG 花の王者か 紅ほのかと虚子云う

虚子よめる白牡丹あり北岳残雪


被災地での句 被災の鎮魂か 復興の喜びの句のたくさんに生まれんことを
posted by 大星雲 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

厩橋夕景

DSCN3742.JPG 抱かれるような鉄の造形

ぐにゃっとした鉄の大橋厩橋
     五月の夕べ男女行きたり


被災地の若者 連休をどのように過ごされたのだろうか 早く以前の連休となって欲しいものですね
posted by 大星雲 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

やすんでいる夜の釣り船      隅田川

DSCN3745.JPG 釣り船 夢を見ているね

釣り船に五月を乗せて隅田川


被災地では今も被災の夢を見ることがあるのではないだろうか どうか楽しい夢を見られるように
posted by 大星雲 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

路上の淑女 妙なアート

DSCN3759.JPG 二人の紳士 一人の淑女 
                                   野暮な想いはなしね

隅田川厩橋脇の小空間
    紳士淑女の息吹表し


被災地にもこんな面白いアートが街の中村の中にも生まれるといいですね







posted by 大星雲 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

鶏鉾   奉納   京都の友よりの写真と文

DSC01875 (2).JPG 女のお尻に比べると どうだっていうの

小太鼓を打つやその尻落ち着きて


被災地の復興 女のお尻を上手に立てて 
posted by 大星雲 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

山桜咲く

DSCN3729.JPG 長い連休終えました 
                                   真剣自分を取り戻してと

山桜咲いて五月の静けさが


被災地の連休はどのようにみなさん過ごされたことか 一日一日をお互いにね
posted by 大星雲 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

貴婦人(スカイツリー)輝く

DSCN3733.JPG 隅田川 いいとこ見せて流れるね

隅田川貴婦人の見る春の宵


川は流れる 気分良く流れてほしい被災地の川 こころを休ませて貰える川に
posted by 大星雲 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

畜舎の八重桜

DSCN3804.JPG この花の質量 
                                   天は豊かに作ってくれたね

乳牛の重たき乳房八重桜


あちこちの被災地にも八重桜 にぎやかに美しく咲いたことでしょうか 祈りたいですね
posted by 大星雲 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

奉納  月鉾  京都の友よりの写真と文

DSC01830 (2).JPG 生き生きとした今日のおっさんね

山車毎の揃いの浴衣の面白く


友の曰く
「みなさん生き生きと楽しんでいるようです 被災地でもこんな姿があるのでしょうね」
posted by 大星雲 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

金のうんこの夜景  隅田川厩橋

DSCN3737.JPG うんこと見れる人は健康な心の持ち主ですね

うんことも燃える心とも金の色
          五月の夜の隅田川に


被災地復興に燃える心 これこそ本当の燃える心 長く続け長くながく
posted by 大星雲 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

田んぼの土手で見つけたよ 大儲け

DSCN3798.JPG 米粒のような菫のひと群れがね

DSCN3802.JPG 輝いているね小さないのちがね
                                   これ 大きな宇宙だよね

呼んでいるちいさき小さき菫かな


小さな声を馬鹿にしてはいけないね 被災地でもまた国会でも


posted by 大星雲 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

どこか優しい花ばな    光前寺

IMG_2363.JPG みな責任を持って咲いているよね

水仙も桜も持ち場や山の寺


被災地の復興事業も連休明けからか どうか持ち場持ち場にこころの健やかなことを
posted by 大星雲 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

奉納 函谷鉾      京都の友よりの写真と文

DSC01789 (2).JPG 気分良く叩いていますね 

子燕の地下道の巣出て五月空


友の曰く
「被災地の子供たち 連休を子燕のように楽しく過ごされたでしょうか どうか復興の大空に 学業の大空にね」
posted by 大星雲 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

お江戸の世懐かしく 

DSCN3771.JPG 隅田川で馬を洗ってやったのかな 

馬喰のいちにち五月の厩橋


被災地にも必ずや懐かしい名の橋があちこちにあることだろう 懐かしさの消えない復興を
posted by 大星雲 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

日の丸三景 昨日今日

DSCN3773.JPG はとバスの日の丸

IMG_2442.JPG 逗子亀山八幡宮の日の丸

IMG_2519.JPG 浅草の日の丸

日の丸やああ日本やおお日本


被災地も国旗日の丸の三日間 日本の復興の力を
posted by 大星雲 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

子供の写した妙な写真 しかし面白い   光前寺

IMG_2348.JPG レンズに心があるならば あるね

水仙ややんちゃ坊主に思われて


被災地のやんちゃ坊主 いたずらの楽しい連休を 成長の連休を な
posted by 大星雲 at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

美し清掃の跡  大宮五十鈴神社  駒ヶ根市

DSCN3717.JPG お宮の箒跡 寺の箒跡 
                                   感じが違うんですよね

踏み入るや境内五月の箒跡


被災地のお宮では掃き掃除などには手が回るだろうか  お宮のことを思いつつ復興第一の日々か
土地の神々 復興を見守り給う 必ずや必ずや

posted by 大星雲 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

桜を楽しむ井月     光前寺にて   四月三十日

IMG_2350.JPG 井上井月 光前寺にて句を詠む 
                                      「降るとまで人には見せて花曇り」

花曇りと井月作句今日は晴れ


被災地は花曇りの日は過ぎたか 桜花は復興の声を声援を置き土産にして今年を終わるか 来年四月を見てください


posted by 大星雲 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

長刀鉾の囃子奉納      四月十七日    京都の友よりの写真と文

DSC01721 (2).JPG 京都 儀式の多きは日本一でしょうね

生まれ出る小太鼓の音を奉る


友の曰く
「楽しく真剣に 京都は常に神を意識している街でしょうか 被災地に復興 神の意識をと思います」
posted by 大星雲 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

昭和の日 国旗を掲げる意思

DSCN3682.JPG 白地に赤く日の丸染めて たったこれだけ
                                   のこと だけれど大きな己の幸せ

日の丸や小さき社の桜風


被災地にも日の丸の旗があちこちに見えることだろう ふるさとの復興に 復興に
posted by 大星雲 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ベートーヴェンならばこの日本の春を

DSCN3621.JPG 大交響曲「桜花」日本人 心の中に

楽聖に見せたし日本の桜花


交響曲「田園」のような被災地の復興を 自然の良き音の豊かな被災地農村の復興を
posted by 大星雲 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

木曽山脈健やかです     中澤上割部落

DSCN3647.JPG シリアでは景色楽しむ事ができるだろうか

シリアには遥かに遠し日本春


思い上がった税金泥棒の大臣という職業の馬鹿もいるが国中で復興を願い実践できることは本当に有り難いです
posted by 大星雲 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

家守りの桜   中澤大曽倉部落

DSCN3639.JPG 部落の人たち 農作業の合間の一杯か

山裾の部落の戸々の桜かな


山間の被災地 復興の合間に祈りを込めて見たことだろう
posted by 大星雲 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

八坂神社へ雅楽の奉納   京都の友よりの写真と文   四月十七日

DSC01632 (2).JPG 神様はどうも赤いものがお好きか 

笙の音に昔の足の蘇り


友の曰く
「舞台を見ているとこの国の震災を忘れてしまいそうです 関わりのあるものとして常にでしょうか」
posted by 大星雲 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

田の神様も名残惜しい    中澤永見山

DSCN3650.JPG 大層にお喜びのご様子でした

田の神の桜愛でたる四月行く


被災地の復興の仕事 四月は予定どうり進んでいるだろうか どうかどうか 応援を 神様 田の神様
posted by 大星雲 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

坂の上の桜   中澤永見山部落

DSCN3643.JPG 桜の声に吃驚して 山が笑っているな

登り来て驚く突然の桜かな


被災地もいよいよ桜が散り始めるか なぜ桜に 年月の確認か 復興の実のある確認のできますように
posted by 大星雲 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

八坂神社南楼門修復竣工記念行事 京都の友よりの写真と文   四月十七日

DSC01482 (2).JPG 御鼻の下どうぞ気楽に伸ばせ給え

素戔嗚尊南楼修復舞妓呼び


友の曰く
「昨日は八坂神社さんの南楼門修復竣工記念行事が行われました 朝からは祇園祭の囃子奉納などもありましたので写真送ります 被災地復興の祈りも込めてです」






posted by 大星雲 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

やすらい祭 玄武神社  京都の友よりの写真と文  四月九日

DSC01004 (2).JPG 赤い色はどこか呪術的ですね

赤きもの羽織るや祈りの力足


友の曰く
「春になると流行る疫病を封じる為に行う祭で家々の前で踊り、疫病を追い立てて
花傘の中に集め鎮めるものです どうかこの祈りが被災地にと思いますね 」
posted by 大星雲 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

小学校の桜満開です      南小学校

IMG_2274.JPG 子供を抱いているような桜 喜んでいるね

校庭や桜を越して子等の声


被災地の小学生 今年の桜を楽しむことが出来るだろうか できただろうか 来年こそはみんなで
posted by 大星雲 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

虹を見つけた小学一年生

DSCN3656.JPG 虹を見るのは嬉しい 何か良いことが

春の虹大きな声の一年生


被災地の小学一年生 大変だろうけれど元気でね お父さんお母さんの元気の元だよ
posted by 大星雲 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

こんな桜もあるの     中澤永見山

DSCN3636.JPG 寂しさを助けてくれるんだよね

山裾の藁屋根に添う桜かな


桜の木が家に寄り添う人に寄り添う 仮設住宅の一人暮らしの人にさくらの夢を

posted by 大星雲 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

飯田市の桜  大宮神社

IMG_2257.JPG 神社にお参りする若い二人がいいね

お練り笛桜を越して聞こえけり


郷土の祭り 被災地復興の力となれ 一人暮らしの老人の力となれ
posted by 大星雲 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

桜の小枝をいただく 花開く

DSCN3633.JPG 小枝の一輪 いのちを感じるね

貰い来てかぼそき小枝のさくら花


復興に力を尽くす被災地 桜花の声を聴くか 明日の力に
posted by 大星雲 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

立本寺の桜    京都の友よりの写真と文

DSC09462 (3).JPG 桜を見つつ充実の四月に

散る後の月日を思う桜かな 


友の曰く
「熊本地震の一年 手の届かぬところ 沢山とのこと 高齢者の健康のことなど思いますね どうかお元気で」
posted by 大星雲 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

日蓮宗本山  

DSCN3536.JPG 諸仏教 願いはひとつ

久遠寺雪妙法蓮華経幟旗


唯々 被災地の復興 住民に幸せを
posted by 大星雲 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

交響曲 田園 のお話

DSCN3594.JPG 羨ましい八十九歳 もう二十年を

日本あちこち桜の報真央引退の報


猛練習の最中 被災地の報に驚き悲しんだことであろう
posted by 大星雲 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

小さな公園の四季桜咲く

DSCN3583.JPG まだ寒いのによく咲いてくれたね

四季桜三足も早く信濃路に


終日全国雨 桜はどうだろうか 震災・原発いじめ13件…福島避難者計199件 情けない日本の子供に成り下がったのか そうは思いたくない 思いやりのある頭に早く戻れ 真の勇気を
posted by 大星雲 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

水火天満宮の桜    京都の友よりの写真と文    四月四日

DSC09497 (3).JPG 桜を見る喜びは虚構か 否そうではない

寂しさも連れ立ちて見る桜かな


友の曰く
「花見の人たちの中にいるとふと寂しさが顔を出します 被災地の花見もそうでしょうか 賑やかも寂しさも共に越えて復興直線ですね」
posted by 大星雲 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

辛夷 咲きはじめる

DSCN3566.JPG 期待に応える事を知っているの

話し声聞こえたように辛夷咲く


東日本の被災地でも桜に一足早く辛夷咲くか どうか一人暮らしのみなさんの安らぎに
posted by 大星雲 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

蕪村の見えるような     諏訪形部落

DSCN3570.JPG 歩いて出会った喜びは尊いですね

梅の花ひと休みと言う蕪村あり


与謝蕪村の足跡 あちこちの被災地にもあることだろう 復興を祈っていることだろう
posted by 大星雲 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

上品蓮台寺の桜    京都の友よりの写真と文   四月四日

DSC09354 (4).JPG敷島の大和心を人問わば朝日に匂う山桜花


日本の心と知らず桜見る


友の曰く
「京都もようやく桜のシーズンに入りました 朝から中国のブライダル撮影が街にあふれています カメラマンが困ってます 中国の人から見れば単なる花でしょうがね 復興を元気づけてくれる桜ですものね」
posted by 大星雲 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

久遠寺の梅の花

DSCN3541.JPG 梅の花さくらの花そして天からの白い花

梅さくら雪も忘れず山の寺


安倍晋三首相は6日の衆院本会議で、記者会見で激高した今村雅弘復興相について、「全力で職務に取り組んでもらいたい」と述べた。(時事通信)
今村雅弘復興相という人 なんという情けない顔か 全力で職務に取り組んでというが この顔は腹の中では アカンベー と舌を出している顔だ 職務というがそれがわからないのです 声も悪い 情けないネ

posted by 大星雲 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

身延山久遠寺の雪

DSCN3535.JPG 雪の中の寺 身が引き締まるような

静かなる祈りは雪の降る最中


仮設住宅の一人暮らし どうか祈りで和らぎますように
posted by 大星雲 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

近衛邸跡の桜    京都の友よりの写真と文  三月三十一日

DSC08404 (2).JPG 土に今年の姿を見て貰うの 

日替わりのさくら便りや京の友


友の曰く
「御苑の近衛邸跡の桜です 遅れていた桜もやっと開き始めた京都です 桜が咲き出すと
被災地の皆さんもきっと喜ばれることでしょうね」
posted by 大星雲 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

平野神社    京都の友よりの写真と文   三月三十一日

DSC09992 (2).JPG 着物は顔つきを変える 美しくね

しだれ桜触れるばかりに和服かな


友の曰く
「被災地も花見頃か 着物姿もあることだろう 桜花 一生懸命に復興の応援ですね」
posted by 大星雲 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

読経が聞こえる   身延山久遠寺

DSCN3545.JPG 唱えているネ 山が 読経を

桜咲く霧湧き生まる南無妙法蓮華経


被災地ではその時その時読経がどんなに大きな力となったことか 
posted by 大星雲 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

久遠寺の塔

DSCN3540.JPG 塔の朱の色が景色を引き締める

小雪舞う身延の寺の塔の色


被災地 復興の記事を見るのは本当に嬉しい 多くの人が故郷に帰れることを祈りたい 


 
posted by 大星雲 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

空木岳に生まれた雲

DSCN3552.JPG 雲にも頭脳がある 春がわかるのである

頂きに生まれて天を春の雲


あちこちの被災地にもそれぞれの春の雲 住民の皆さんが戻れるような復興の地に
posted by 大星雲 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

伏見稲荷    京都の友よりの写真と文

DSC07473 (2).JPG 朱に交われば朱に染まる 通うるとわかる

朱の鳥居祈りも願いも吸い送り


友の曰く
「鳥居のトンネルです 被災地の願い この鳥居を通ってお稲荷さんにでしょうね」
posted by 大星雲 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

伏見稲荷の巫女さん   京都の友よりの写真と文   三月九日

DSC07506 (2).JPG 巫女さんも復興を祈ってくださる

後ろ髪色気残して巫女行けり


友の曰く
「巫女さんが目の前に現れたのでパチリ 震災被災地 おんなの色気が復興の力に おとこは待っていますよね 喜びのある復興を」
posted by 大星雲 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

宿坊の春   身延山久遠寺

DSCN3537.JPG 処々の桜 朝の勤行に経を誦みます

宿坊を辞して桜の中にいる


桜同志 被災地の桜に語りかけていることだろう 復興のことを


posted by 大星雲 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

山梨県身延町

DSCN3544.JPG 雨烟る中のしだれ桜 詩歌湧く

伊那は雪身延は雨なり桜咲く


伊那は雪降りびっくりする 被災地もきっと雪のところがあることだろう 雨雪の中も槌音高く
posted by 大星雲 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

近衛邸跡の桜    京都の友よりの写真と文   三月二十一日

DSC00679 (2).JPG 枝垂れる 男女の愛の形にもとれるね

春雨を呼びたい風情桜咲く


友の曰く
「被災地復興 春雨に濡れながら力を尽くすひとたちを思ってみた 今年の京都の桜は開花が去年よりだいぶ遅れています」
posted by 大星雲 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

春山登山者望遠    宝剣岳千畳敷

DSCN3517.JPG 山好きの二人好天白色の中 生命の自覚

去年の夏の色とりどりの登山道
          雪深き春山二人ゆきたり


雪山の二人 友達なのか恋人同士なのか 幸せの中のふたりを見ると 被災地の別れを思う
posted by 大星雲 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

京都御苑の「黒木の梅」、、京都の友よりの写真と文  三月二十二日

DSC00684 (2).JPG 静けさのある華やかさ 
                                   こんなアナウンサーがいいね

紅梅や幼き頬を撫でてみる


被災地の幼児の頬 幸せの頬か 可愛い頬を痛めないで 心を痛めないで
posted by 大星雲 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

春の雪   今朝は嬉し

DSCN3503.JPG ハルノユキ ボクニミセタクテヨブノデス

春の雪雑木の梢の風の跡


どこか優しい春の雪 被災地ではこの優しさが復興のバネになるのですね
posted by 大星雲 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

バイオリン奏者     指揮者ヘルベルト・プロムシユテット(八十九歳)を語る

DSCN3496.JPG 「年齢が素晴らしい役割」嬉しい大発見

老桜や何処に咲くも悟りかな


被災地の年老いた方々 どうかどうか良き日々を
posted by 大星雲 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

旧三井家下鴨別邸   京都の友よりの写真と文

DSC09741 (2).JPG 主屋と茶室 主人客人一期一会

紅梅や水に映して文化財


友の曰く
「一期一会 被災地ではより強く感じられる言葉でしょうね どうか良い復興を」


posted by 大星雲 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

旧三井家下鴨別邸     京都の友よりの写真と文  三月十八日

DSC07898 (2).JPG 日本文化ここにありか 茶室は影の大大名

春光や影そっと持つ庭の石


友の曰く
「今は庭石の影木々の影 みな柔らかな感じですね 被災地に春の光 嬉しいでしょうね」
posted by 大星雲 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

お水取り   杉本健吉   杉本健吉美術館

DSCN3492.JPG 悟った一筆 すごいなあと思う
修二会松明上堂   杉本健吉
                               
                    
                                   
筆勢は焔となりぬお水取り



お水取りのおたいまつが上堂す時 回廊ををのぼりきったところで真正面から拝んでいるとまるで太陽が巨大な光焔を吹き放って昇ってくるようである    健吉
                                                
被災地復興 力強く一本の道 ただただ被災者の幸せを
posted by 大星雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

漁村返照  横山大観   東京国立博物館   昨年十一月二十三日

DSCN2916.JPG 健康な微笑みの満ちる絵

活きの良き人ばかりなり本朝画人伝    (本朝画人伝   村松梢風)


東日本被災地 早くこの絵のような漁村に 豊かさの見える漁村に 子等の遊ぶ漁村に
posted by 大星雲 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

三月の有明の月

DSCN3484.JPG 月が巡る天の川が巡る 人生は

雪山の峰々渡りて帰りゆく
     今朝三月の有明の月


晴れなれば何処でも見ゆ有明の月 被災地に元気を気づかせる月 自覚の月か
posted by 大星雲 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

お水取り    東大寺二月堂

DSC08087 (2).JPG 映画 月は上がりぬ を思い出す

田中絹代小走りに来る二月堂

友の曰く
「二月堂のお水取りに行ってきました 19時から24時まで内陣で儀式を見てきました
被災地のことも祈りの中なのだな と思いました」

posted by 大星雲 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

平安神宮の梅   京都の友よりの写真と文   三月九日

DSC07986 (2).JPG ごみだめに咲いても気品有り

梅咲くやこっちも向こうも主人公


友の曰く
「津波の痕にも梅よ咲け 痛みの心にも梅よ咲け」 
posted by 大星雲 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

「人間は皆 年をとれば自由になります」

DSCN3469.JPG 楽団の皆さん 楽しい緊張

三月や自由の自覚も少し持ち


被災地のお年寄りさんに 小さな自由にも喜びを 大きな自由にも喜びを 自覚自覚

posted by 大星雲 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

雪中暖情ありて

DSCN3456.JPG 安らぎのふるさとか

日溜まりや老いは老いで美しき


遅くとも本当の復興は美に向かう 天災被災地 平凡の頑張りこそ
posted by 大星雲 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

空木岳三月    2011(3.11)+6

DSCN3465.JPG 山の木々の変化が楽しみ

三月の暖かき日は山を見ん
         雪は空木をふんわり覆いて


東日本大震災から六年を過ぎる 醜い根性を無くし日本人の七年目を作ろう 祈ろう
posted by 大星雲 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

城南宮の枝垂れ梅   京都の友よりの写真と文     三月九日

DSC07568 (2).JPG 梅の処もあれば雪のところも 日本は長い

小雪舞うメールに京の梅の来る


震災被災地のそれぞれの梅はどうだろうか 梅が待っている ふるさとに帰ってこられることを




posted by 大星雲 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

高遠城址公園  問屋門

DSCN3278.JPG 哀歓交々桜花知る
もののふの足音途絶え蕾かな


福島避難いじめ44件(読売新聞)と言う 
キノドクナヒトヲイジメルトハナサケナイハズカシイニホンジンニナリサガッタナ 
ナサケアルニホンジントナレ サクラハミテイルゾ

サイキンミットモナイトイウコトバヲジッコウシタスガタミニクイヒト 
イシハラシンタロウ  ユウジロウハカナシ ユウジロウハカワイソウ
アベアキエ コクミンガハズカシイ 
posted by 大星雲 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

八坂神社さんの節分祭    京都の友よりの写真と文

DSC04929.JPG 京都の別嬪さんの節分絵 一年忘れずに

鬼も迷う写真呉れたる京の友


遅れている被災地の復興 わからない本当の鬼がいるのかもしれない 
posted by 大星雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

菩薩頭部   龍門石窟   東京国立博物館

DSCN2939.JPG 微笑みは 人類の宝 馬も微笑むか
アーモンド形の目 口元の微笑を浮かべる 

春一番優しき声を貰いたり


被災地復興に欠かせないものの一つ 微笑みと思います
posted by 大星雲 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

河東碧梧桐句碑   高遠城址公園

DSCN3270.JPG 気宇壮大
西駒は斑雪(はだれ)てし尾を肌脱ぐ雲を

堂々と大石に彫りたり明治の世


被災地復興 明治の思想は人の為を第一にされた その眼で見ておられることだろう
posted by 大星雲 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

雪崩の跡が見える   熊澤岳

DSCN3450.JPG 雪崩に押される岳樺 春を感じているな

町は春風雪山雪崩の幾筋も


各地の被災地 春の忙しさ 嬉しい忙しさになってもらいたいです どうかどうか
posted by 大星雲 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

三平二満(さんぺいじまん)図  江戸時代   東京国立博物館

DSCN2929.JPG 美人ではないが何処か懐かしい

ひな祭りお多福に勝る言葉なし


「三平二満」とはこころが平らかで満足していること という おかめ おたふくのこととも言う 震災被災地 こころ平らかな日々が皆に早くくるように







posted by 大星雲 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

祇園東の舞妓さんの奉納の舞    京都の友よりの写真と文

DSC05306.JPG お待たせ 袂(たもと)の出番です

立ち上がり袂をくるりん舞妓かな


友の曰く
「袂でないと表すことのできない感情があるのですね 細かな心遣い 被災地にも言えますね」
posted by 大星雲 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

無字の碑     高遠城址公園

DSCN3285.JPG 有字より無字か 沈黙の雄弁
無字の碑
伊沢多喜雄は明治二十八年(1895)東京帝国大学法科を卒業した後警視総監、台湾総督、東京市長、貴族院議員、など国家の重要な政務に携わる傍ら郷里高遠をこよなく愛し治山治水に力を尽くした 郷里の人々はその高徳を永く顕彰したいと頌徳碑の建設を計画したところ、翁曰く「政治家の頌徳碑などとんでもない間違いだ 例え善政を敷いたとて人間の功罪は棺の蓋を覆って初めて現れるというではないか.頌徳碑などまかりならぬ」と断固として承知しなかった このことでますます敬慕の情がますこととなり、許可をもらえぬままついに字を刻まず建てられたのがこの碑である   由緒看板より

蕾堅し城址公園無字の碑立つ


被災地にもこの様な素晴らしい人がおられることだろう 恥ずかしくないようにありたいね
posted by 大星雲 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

[田園] を聴く  

DSCN3444.JPG 「運命」を記念日に聴いたと友いう 深刻

三月や田園聴けり結婚記念日


天災被災地も農作業ぼつぼつ始まるか ベートーヴェンも農村田園にあたたかい感じを持たれて
posted by 大星雲 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

八坂神社節分祭・祇園甲部の舞妓   京都の友よりの写真と文  

DSC05068.JPG 二月ゆく鬼は何処に暮らしてか すぐ戻る

豆まきを鬼も楽しむ舞妓かな


友の曰く
「見惚れていて鬼はなかなか逃げません 被災地の鬼も復興の手伝いをしているのです」







posted by 大星雲 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

高藤城址公園の句碑     一月二十二日

DSCN3273.JPG 昔びとの思いの豊かさか
斑雪高嶺朝光鶯啼いて居     広瀬奇碧

仙丈岳鶯を聴く城址かな


あちこちの被災地 昔人の声の聞こえるような復興を
posted by 大星雲 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

雪山登山   宝剣岳へ

DSCN3441.JPG 好天に恵まれた幸せの人々

二月終わる千畳敷より尾根目指し
        雪の大斜面登る人あり


二月も終わりとなれば大雪の報も無しか 復興の現場も気持ちが焦ることだろうがお体大事に
posted by 大星雲 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

今日の仙丈岳

DSCN3412.JPG 雪嶺の厳しき姿愈々終わるか

大雪の日本海側に多き年
     仙丈岳の二月は終わる


天災被災地の山々も雪徐々に少なくなるか 心身の良き復興を
posted by 大星雲 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

浦上玉堂展      千葉市美術館    昨十一月十六日    

DSCN3408.JPG どんな想いで雑木の木々を描くか
   春山欲雨図  浦上玉堂
                         

琴弾くや雨呼ぶ曲となりにけり


春も近い 被災地の雑木林も芽吹くか 復興芽吹くか
posted by 大星雲 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

八坂神社節分祭 祇園甲部の舞妓  京都の友よりの写真と文    二月四日

DSC05009.JPG 仲良し小道はどこの道  

手をつなぐ舞妓かわゆし節分会


友の曰く
「思わず童謡を口ずさみたくなります 手をつなぐ 天災被災地の復興にこそですね」
posted by 大星雲 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

ゴッホとゴーギャン展  都美術館

DSCN3404.JPG 余り自然に即してはいけない  ゴーギャン

芸術は一つの抽象
     ゴーギャン家畜番の少女描けり


天災被災地も少女の待つ春か 幸あれ幸あれ 復興に幸あれ


posted by 大星雲 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ゴッホとゴーギャン展  都美術館

DSCN3403.JPG 誠実な人柄 涙の出るような  
ゴーギャンの椅子   1888年
                                  

本二冊と蝋燭を置く肘掛け椅子
     ゴーギャンを思いゴッホ描きたり


今日は春めく 被災地の雪害も峠を越したか
posted by 大星雲 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

岡山城   京都の友よりの写真と文   二月十三日

DSC07146.JPG 何かを思わせてくれますね

立春や皆諸々の天守閣


友の曰く
「天守閣見上げて元氣が出て 不思議な力がありますね 被災地の皆さんにも それぞれの元気の出る天守閣があるのでしょうね」
posted by 大星雲 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

岡山後楽園   京都の友よりの写真と文   二月十三日

DSC07283.JPG 名園の春 一日一日姿が違う

立春を十日過ぎるや後楽園


友の曰く
「後楽園の朝 快晴に恵まれました 天災被災地 こんな空のもとで仕事ができればね」
posted by 大星雲 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

今朝はどの山   有明の月

DSCN3397.JPG 面白い 月がめぐる地球が廻る

熊沢岳南に越して今朝の月
     真白き空木の岳に沈めり


天災被災地も月がめぐる 見上げれば月の応援 頼むよお月さん
posted by 大星雲 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

宝泉院雪   京都の友よりの写真と文     二月七日

DSC06765.JPG へへー若者になんか負けんぞ 見よ見よ

雪降りて老松また逞しく


友の曰く
「老人の知恵を 風雪に耐えてきた知恵を 災害被災地の復興に と思いますね」
posted by 大星雲 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

熊沢岳の有明の月

DSCN3387.JPG 稜線に光を残して 「あすまた逢おうね」

日本海側の大雪を見て今朝の月
          雪山照らし沈みゆくなり


熊沢岳の稜線 月の光に照らされている 宇宙の寸劇か 被災地大雪は今日が頭か 天よ静まれ
posted by 大星雲 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

木曽山脈熊沢岳の今日 雪少なし

DSCN3380.JPG 一月十八日の当ブログと変わらず


日本海西日本稀なる大雪を報ず
       木曽山脈は一月のままなり


天災被災地 なるべく雪少なくと祈る思いなり 
posted by 大星雲 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

抹茶   宝泉院     京都の友よりの写真と文    二月七日

DSC05486 (2).JPG 無我の一瞬を頂く

立春や一服と言う暖かさ

友の曰く
「天災被災地へ立春の一服を差し上げましょう」
posted by 大星雲 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

遊女と達磨大師    東京国立博物館   昨年十一月二十三日

DSCN2932.JPG 迷う達磨は歯を食いしばる 
                            「修行不足じゃ」「うんにゃこれこそ修行じゃ」
達磨の頭払子で払う遊女あり
     遊女の悟りに達磨苦しむ


今日は雪は小止みとなるか 被災地も どうか仕事がはかどりますように 遊女様達磨様
posted by 大星雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ガンダーラの仏   東博東洋館   昨年十一月二十三日

DSCN2941.JPG 佛の国 釈尊に二天の礼拝する姿

帝釈天梵天上野は今雪降る


今日は北海道以外全国的な雪という 被災地の復興も大変なことだろう 帝釈天梵天 見守り給え
posted by 大星雲 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

「舞の後は豆まきです」      京都の友よりの写真と文

DSC04747.JPG なんと美しい終わり方か と思う    

撒き終えて笑顔残して舞妓かな


友の曰く
「舞の後は豆まきです なんと優雅な豆撒きでしょうか 天災被災地も豆まきの声があちこちから聞こえていたことでしょうね 復興の元気のもとに と思います」
posted by 大星雲 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

梅にも春   先斗町の舞妓さん   京都の友よりの写真と文

DSC04635.JPG 「逢うてうれしき酒機嫌」 

人差し指梅にも春と寄す舞妓


友の曰く
「梅にも春 良い気分で踊っているのでしょうね 天災被災地でも こんな気分になってもらいたいですね」
    

posted by 大星雲 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

八坂神社節分祭   京都の友よりの写真と文   二月二日

DSC04577.JPG 何かに畏敬を持てる人の手つきですね
                                   トランプさん見てください 日本にはこん
                                   なに素晴らしい表現があるのです


友の曰く
「今日は八坂神社さんの節分祭で先斗町の舞妓さんによる”梅にも春”の舞が奉納されました 天災被災地 端唄のように本当の春が早く と思いますね」
posted by 大星雲 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

雪山と飛行機雲      一月二十六日

DSCN3350.JPG こんな雪山の上 パイロットは気分が良い
                                   ことと思います

雪山を越して飛行機雲木曽の上


あちこちの被災地の空 通過の人々はきっと復興を祈って過ぎることだろう
posted by 大星雲 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

源光庵   悟りの窓   京都の友よりの写真と文

DSC01885.JPG 「四角い仁鶴が丸うくおさめまっせ」

立春や友のブログは今日は何


友の曰く
「お決まりの「悟りの窓」です もう一つ この右は四角い「迷いの窓」 天災被災地復興に面倒なことに出っかしたときは仁鶴さんにお願いでしょうか いろいろ面倒なことがあるのでしょうね」

posted by 大星雲 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

龍の栖むところ    天竜峡

DSCN3359.JPG 流石に龍の住処は水の色が違います 
                                   楽しき夢を見るところですね

諏訪湖より出てたる大川ようやくに
        龍の住処を此処と決めたり


天災被災地復興の手伝いの疲れを癒すところと思います 
posted by 大星雲 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

友の作りたる恩師と同級生の本

DSCN3367.JPG 恩を忘れない人でありたいね 

とんがり帽子の時計台唄いし友
    故郷の師の恩思い本作りたり


震災被災地 あっちの恩こっちの恩 折々思い出すことだろう 報恩が復興の力に








































posted by 大星雲 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

大徳寺塔頭高桐院     京都の友よりの写真と文   一月二十六日

DSC01729.JPG なんとユーモラスな景色か
                                   茶目っ気の見える中村鴈治郎(二代目)か

雪の庭役者気分で立つ燈籠


友の曰く
「我一人雪中に立つ こんな心意気で復興がはかどりますように 京都から祈りますよ」



posted by 大星雲 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

天竜峡  龍の化身の龍角峯

DSCN3356.JPG 川から立ち上がっている化身岩

天竜川深淵に棲みたるかの龍は
         天に昇れり化身残して


天災被災地の復興に力を尽くしていてくれる龍 ふるさとの深い淵を思い出すこともあるだろう
posted by 大星雲 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

雪の宝泉院     京都の友よりの写真と文  一月二十六日

DSC02551.JPG こんな美 喜びのある国 日本

雪あかり絨毯は赤畳は黄


復興にただ一筋の天災被災地 終局は平成の美か


posted by 大星雲 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

天竜峡の一月

DSCN3355.JPG 峽も春を待っている

船見えずただ寒い風天竜峡


有る物があって見慣れた景色 天災被災地の復興も出来ることならば と思う
posted by 大星雲 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

今朝の登山者    宝剣岳千畳敷

DSCN3341.JPG いのちを感じている事だろう

雪渓を登る人あり一月二十八日


震災被災地で生きる なんと言ってもいのちが大事 元気ないのちを

posted by 大星雲 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

高遠城址公園    

DSCN3275.JPG この寂しさ冬なればこそ 一人ぶらつく  

大寒や太鼓楼一つ城址かな


震災被災地も大寒終わるか 復興の忙しい中にもゆとりある時間が取れますように
posted by 大星雲 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

神を持つ人それを知る人

DSCN3295.JPG このお顔この話しぶり 真似駄目

嬉しげに手振りに乗せて語りゆく
         楽聖のこと八十九歳の今


なんとお値打ちの老人か 天災被災地には大勢おられることだろう 
復興に力を貸しておられることだろう  有難うございます


posted by 大星雲 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

八十九才の味  

DSCN3297.JPG こんなに美しい画面が 
                                   ジャジャジャジャァーン
                                   ジャジャジャジャァーン

若者に労をねぎらう八十九歳
       差し出す右の手運命を指揮の手


若者の目の輝くような老い 被災地の老い人 復興の力に どうかどうか
posted by 大星雲 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

京都えびす神社 残り福   京都の友よりの写真と文

DSC01286.JPG 立てば芍薬座れば牡丹 牡丹の指です
                                   いえ 修行修練の指です

膝に置く指に見せたる修行かな


今日も大雪の地 多し 寒さ厳し 被災地も厳しいか 無理をせぬように


posted by 大星雲 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

今度は左の手  京都恵比寿神社残り福   京都の友よりの写真と文

DSC01284.JPG トランプさんにもこの手で
                       何かが変わるよ きっともっと良い方に 心が

福笹や舞妓のことば手を添えて



友の曰く
「どちらにも価値のある差し上げ方 喜んでいただける差し上げ方 天災人災被災の復興の根本でしょうか」
posted by 大星雲 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

高遠の町

DSCN3268.JPG 桜の四月はまだ遠い 高遠饅頭も待ってい
                                   る
 

小雪舞う高遠の町
     田山花袋の美しき町と詠いし町


震災で消えた古き町 被災者の記憶に長く残ることだろう 復興の力となれ


posted by 大星雲 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

京都えびす神社 残り福   京都の友よりの写真と文  一月十二日

DSC01142.JPG 舞妓さんの手からいただく 何度でもよろし
                                   いですね はい本当に

福笹を差し出す右の手踊りの手


友の曰く
「昨日は残り福をいただきに京都えびす神社に行き舞妓さんのご奉仕による福笹をいただいてきました 被災地へも福笹をという思いもありました」




posted by 大星雲 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

ゴッホとゴーギャン展     東京都美術館

DSCN3265.JPG 野菜畑 菜園へのゴッホの愛情が

全景にマンモルトルの野菜畑
     パリは遠くに淡く描きぬ


ゴッホは田舎の風景を描くことを好んだという 柵の影など誠実正直の人柄をを見るようだ
天災災害の日本を見たならば 我が事のようにどんなにか悲しむことだろう



posted by 大星雲 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

ゴッホとゴーギャン展    東京都美術館     昨十一月二十三日

DSCN3261.JPG 画家となる前のゴーギャン 人形と黒い鳥 
                                   ゴーギャンの想像と夢か

愛娘をゴーギャン描けり
    株式の仲買人を職と為す間に


二十日頃から各地大雪と報じる 被災地はまた大変な日々か 怪我等ないように


posted by 大星雲 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

木曽山脈熊沢岳

DSCN3253.JPG 埋もれぬ岳樺 驚いているな

この三日南も北も大雪の報
     木曽山脈は雪少なき景


雪の中の一人暮らしの仮設住宅 寂しいことだろう 春を待っておられることだろう
posted by 大星雲 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

上七軒の始業式   京都   京都の友よりの写真と文   一月九日

DSC00591.JPG 美しいつながりの先輩後輩 
                       ふたりの信じ合う責任と従順

始業式半歩後ろを舞妓行く


友の曰く
「父が兄弟喧嘩をした時など兄弟仲良くし友達とは互いに信じ合い(朋友相信じ) など話してくれました
信じ合う 復興に大事なことですね」


posted by 大星雲 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

八十歳でなければ持てない若さ     昨夜のテレビより

IMG_1977.JPG 老いなければ持てない何かの充満の姿

DSCN3222.JPG 自ずからなる祈りとは

八十歳の指揮棒は優し
    両手広げ抱くが如く音生かしゆく


全国大雪大寒の中の災害被災地のご高齢の皆さん お元気で誇りを持って歩まれますように
posted by 大星雲 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

浦上玉堂 「山溪欲雪」    千葉市美術館   昨十一月十六日

DSCN3214.JPG 歩きたくなる景色 遊べばみな仙人

雪の字の画賛少なし野山行く
       玉堂好むは春秋の旅


今日は全国的な寒さ そして大雪 広島19センチ 山形大桑村242センチと報じられる
あちこちの被災地 この大雪苦境どのようにして乗り越えていくのだろうか 祈る前進
posted by 大星雲 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

新年の月   一月十一日十九時四十四分

DSCN3201.JPG 十二分の一ではあるが 
                                   何かを持った一である 
                                   祈りを持った一である

満月の明日の夜空は曇り空
       今宵の大きな新年の月


日本中の天災被災地に力を笑顔を 月よお月様よ 

posted by 大星雲 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

京都上七軒の始業式    京都の友よりの写真と文     一月九日

DSC00751.JPG なんと美しい足さばきか

白足袋のリズムに乗りゆく美しき


友の曰く
「この姿になるにはどんなにか毎日を修行と思い気を付けたことか 日々の動作の集積を思います
被災地の復興 知恵の行動の集積の確かならんことを祈りますよ」
posted by 大星雲 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

京都 上七軒の始業式   京都の友よりの写真と文  一月九日

DSC00751.JPG どうだい この素晴らしさ
                                   日本の女 神の国の女 宇宙一

髪飾り稲穂の似合う日本かな


友の曰く
「被災の中にもみな日本の美しさを失わずに持っているね」
posted by 大星雲 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

上七軒の始業式   京都   京都の友よりの写真と文   一月九日

DSC00947.JPG 傘の中のかつらの姿を見たくなるの

雨傘や鬘が見えて帯見えて


友の曰く
「今日は上七軒の始業式でした 小雨の中を番傘さして
被災地でも復興が進み女の人たちの道行く美しい姿が早く見れるといいですね」
posted by 大星雲 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

京都祇園の始業式    京都の友よりの写真と文     一月八日

DSC00713.JPG どんな洋装よりもだよ 
                                   着物の力を馬鹿にしてはいけないよ

黒と赤生き生きと行く祇園かな


友の曰く
「昨日は祇園の始業式でした 被災地の子供たちもきっと始業式でしょうね
どうか元気で事故なく登校勉学の出来ること祈りたくなります」
posted by 大星雲 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

木曽山脈熊沢岳

DSCN3195.JPG 顔を見せた熊沢岳 その新鮮な姿と雀

雪止みて村の細道歩きけり
    熊沢岳は雲晴れ行きて


全国的な雪と報じる 被災地は雪の中の仕事 大変なことだろう
posted by 大星雲 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

今年の初めての雪

DSCN3119.JPG 今年初めての雪の挨拶 雪は浄化剤か

成人の日明日に控えて雪降れり
         看護大学の国旗はためく


被災地でも雪に見舞われたところがあることだろう いよいよの感じか 祈るばかり 
posted by 大星雲 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

下鴨神社の蹴鞠    京都の友よりの写真と文

DSC00207.JPG こんな優雅な球技がオリンピックの種目に
                                   欲しいです こんな衣装で いいですね

観光客いっせいに見上がる蹴鞠かな

友の曰く
「熊本城 早く観光客を呼んでください たくさんの観光客を」


posted by 大星雲 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

下鴨神社の蹴鞠    京都の友よりの写真と文    一月五日

DSC07215.JPG 儀式の始まり 鞠に祈る

鞠に祈る古き儀式の四日かな


友の曰く
「四日は下鴨神社の蹴鞠の行事です 正しくあらば天は見捨てず 天災人災の被災地 毬も祈る ですね」
posted by 大星雲 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

正月五日の宝剣岳

DSCN3110.JPG 山の声を聞く耳を持ちたい

正月五日山見て星見て今日有りて


天災人災の被災地 ゆとりある時間の早からんことを どうかどうか




posted by 大星雲 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

南禅寺の紅葉   京都の友よりの写真と文    十二月二十一日    

11-14 (2).JPG 老いの眼に幾年月の紅葉か 

禅寺や紅葉見て過ぎる老いの僧


友の曰く
「被災地の紅葉はどうだったでしょうか ゆっくりと見れる日が早く来て欲しいですね」
posted by 大星雲 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

箱根駅伝    

IMG_1958.JPG 礼儀の美しさ こころ満つ礼

胴上げや三日の空を独り占め


被災の各地 いよいよ明日から   復興復興復興の火を 高く掲げて
posted by 大星雲 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

湯の街湯田中

IMG_1936.JPG 湯の街 雪の色が違うな 気分気分

雪の降る湯の街外国の人がいて


日本という国の情緒を存分に楽しんでいるのだろう 被災地の復興も情緒の失せない復興を
posted by 大星雲 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年    年賀状

DSCN3107.JPG 二人のわたし 双方の心身健康
                        「何見ているの空から わたしなの いたの いたよ」

被災地に希望飛び交う賀状かな   



意思の確認 復興への第一歩 明けましておめでとう御座います


posted by 大星雲 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

終い弘法 東寺   京都の友よりの写真と文  十二月二十一日

DSC07833.JPG どこかに弘法大師が歩いておられるのだが

弘法も露天の雑踏楽しむか


友の曰く
「今年の天災人災 どんなにか大師はお心を痛めておられることか われわれはそれに答えねばならん と思いました」
posted by 大星雲 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

巫女の姿    北野天満宮   京都の友よりの写真と文

DSC08556.JPG きっと姿勢のいい時は精神も姿勢がいいでしょうね

神前に立ち上がる巫女の白き足袋



友の曰く
「宮司さん 天災被災地復興のこと 毎朝祈っていて下さることでしょうね
posted by 大星雲 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

志村けんの二つの表情を比べて  

IMG_1906.JPG 喜劇俳優でなければ表せないもの
                                   二つの顔の心の違い 前出と今日

哀歓の深き同居や年の暮れ


被災の悲しみの分かる人に 我々のこれからの修行の価値があるのか 天よ見捨てずに
posted by 大星雲 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

志村けん(バカ殿)  となりのシムラ#6 NHK 十二月二十六日

IMG_1901.JPG なぜこの人はこんなに味が良いのだろう
                                   上手いのは飽きたね
                                   手馴れは退屈だね
                                   新鮮を感じさせる 大事だね
                                   志村けん をまたぜひ見たい
                            

もの悲しくおかしく役者年の暮れ


糸魚川の被災地 年内住宅の目処がついたという とにかく一安心
posted by 大星雲 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

北野天満宮 終い天神   京都の友よりの写真と文 十二月二十五日

DSC08485 (2).JPG 寂しさを家に置いてきて

植木骨董露店のひやかし年終わる


友の曰く
「昨日は終い天神でした 賑やかな人の波を見ると 波の違いはあるけれど震災のこと思い出しますね」
posted by 大星雲 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする