2021年06月05日

誕生ヤマト王権 前方後円墳語りだす   NHkテレビ

DSCN1676.JPG 三輪山の麓に箸塚古墳ありて

DSCN1683.JPG

DSCN1682.JPG 箸塚古墳の生まれたままの姿
                                   航空レーザー測量で見ると 驚く驚く
                                   
DSCN1686.JPG

三輪山も箸塚古墳も梅雨最中
      卑弥呼の墓と思うは楽し


航空レーザー測量の結果 西暦240年から260年の20年間の間に出来たもの という 卑弥呼は247年に亡くなっている このことから卑弥呼説 有力という それと他の天皇陵の大きさと比べ一番大きい この事からずば抜けて権力を持っていた人 卑弥呼ではないかという
わたしには古代天皇について実在も年代もどうもわからないです その解らないところへ卑弥呼飛び込み ますますわかりません






【関連する記事】
posted by 大星雲 at 20:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。