2020年09月24日

人口知能を横に見て   若き棋士

DSCN9847.JPG 共存という事 相手をよく知っている事

人工知能と共存と言う若き棋士

彼は言う
「今ではソフトとの対決の時代を超えて共存という時代に入ったのかなと思います」

「人間というのはやっぱり読む時に最初に感覚でほとんど切り捨てちゃうんですけれど
そういった手も拾って行けるようにしたいなと思っています」

「今まで感覚だけで切り捨てていた手でも実はいい手だったということもあるのでほんとに
自分の感覚というところを変えていく必要があるかなとは思っていますね」


人間も深まるのか 高まるものか  希望を持とうね
posted by 大星雲 at 14:49| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。