2019年03月13日

早春秘境駅の村を歩く(その十六) 対岸の家

DSCN6948.JPG 歩く者を飽きさせない景色 文人画の世界
                                   です

茶畑を過ぎれば遠くに寒き山
      登る道見ゆ二三の家に


被災地もきっと喜びのある日本の景色であったことであろうと思う 経済ももちろん大事であるがこころに残るものを忘れずに再び ということも大事にと願う
posted by 大星雲 at 11:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。