2019年02月02日

いよいよ峠 猪出るか    中沢南割部落

DSCN6763.JPG 峠道 猿でも鹿でも猪でも
                                   寂しかったことだろう

寂しさや冬の峠の松落ち葉


被災地の山を越す峠道 この寂しさが人の情けを思いおこさして呉れることだろう 懐かしさの混ざりあった復興の活力となりますように





posted by 大星雲 at 20:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。