2019年01月11日

新しき橋の上から木曽山脈

DSCN6725.JPG 何かを山は語りかけているのだが

一キロの長き大橋懸りけり
     木曽山脈の雪山の続く


きっと被災地の海も山も語り続けているのであろう その語る声を聞きたい 力強く慈愛の声なのであろう

(山の名前は昨年十二月十九日の 当ブログを参考になさってください   今日は雲一つない日本晴れでした)
posted by 大星雲 at 18:07| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。