2018年02月17日

国宝展  雪の絵   京都国立博物館

DSCN5529.JPG 夜色楼台万家に雪降る 蕪村自身雪を見
「夜色楼台図」部分   与謝蕪村              るのが好きであったようだ                                                                    



太郎次郎眠らせたる雪今何処
           蕪村の雪に静謐なる天
(太郎次郎は三好達治の詩 雪より)


被災地に災いなき雪を 静かなる雪を  天よ 天よ
posted by 大星雲 at 16:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。