2017年03月31日

空木岳に生まれた雲

DSCN3552.JPG 雲にも頭脳がある 春がわかるのである

頂きに生まれて天を春の雲


あちこちの被災地にもそれぞれの春の雲 住民の皆さんが戻れるような復興の地に
posted by 大星雲 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

伏見稲荷    京都の友よりの写真と文

DSC07473 (2).JPG 朱に交われば朱に染まる 通うるとわかる

朱の鳥居祈りも願いも吸い送り


友の曰く
「鳥居のトンネルです 被災地の願い この鳥居を通ってお稲荷さんにでしょうね」
posted by 大星雲 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

伏見稲荷の巫女さん   京都の友よりの写真と文   三月九日

DSC07506 (2).JPG 巫女さんも復興を祈ってくださる

後ろ髪色気残して巫女行けり


友の曰く
「巫女さんが目の前に現れたのでパチリ 震災被災地 おんなの色気が復興の力に おとこは待っていますよね 喜びのある復興を」
posted by 大星雲 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

宿坊の春   身延山久遠寺

DSCN3537.JPG 処々の桜 朝の勤行に経を誦みます

宿坊を辞して桜の中にいる


桜同志 被災地の桜に語りかけていることだろう 復興のことを


posted by 大星雲 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

山梨県身延町

DSCN3544.JPG 雨烟る中のしだれ桜 詩歌湧く

伊那は雪身延は雨なり桜咲く


伊那は雪降りびっくりする 被災地もきっと雪のところがあることだろう 雨雪の中も槌音高く
posted by 大星雲 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

近衛邸跡の桜    京都の友よりの写真と文   三月二十一日

DSC00679 (2).JPG 枝垂れる 男女の愛の形にもとれるね

春雨を呼びたい風情桜咲く


友の曰く
「被災地復興 春雨に濡れながら力を尽くすひとたちを思ってみた 今年の京都の桜は開花が去年よりだいぶ遅れています」
posted by 大星雲 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

春山登山者望遠    宝剣岳千畳敷

DSCN3517.JPG 山好きの二人好天白色の中 生命の自覚

去年の夏の色とりどりの登山道
          雪深き春山二人ゆきたり


雪山の二人 友達なのか恋人同士なのか 幸せの中のふたりを見ると 被災地の別れを思う
posted by 大星雲 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

京都御苑の「黒木の梅」、、京都の友よりの写真と文  三月二十二日

DSC00684 (2).JPG 静けさのある華やかさ 
                                   こんなアナウンサーがいいね

紅梅や幼き頬を撫でてみる


被災地の幼児の頬 幸せの頬か 可愛い頬を痛めないで 心を痛めないで
posted by 大星雲 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

春の雪   今朝は嬉し

DSCN3503.JPG ハルノユキ ボクニミセタクテヨブノデス

春の雪雑木の梢の風の跡


どこか優しい春の雪 被災地ではこの優しさが復興のバネになるのですね
posted by 大星雲 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

バイオリン奏者     指揮者ヘルベルト・プロムシユテット(八十九歳)を語る

DSCN3496.JPG 「年齢が素晴らしい役割」嬉しい大発見

老桜や何処に咲くも悟りかな


被災地の年老いた方々 どうかどうか良き日々を
posted by 大星雲 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

旧三井家下鴨別邸   京都の友よりの写真と文

DSC09741 (2).JPG 主屋と茶室 主人客人一期一会

紅梅や水に映して文化財


友の曰く
「一期一会 被災地ではより強く感じられる言葉でしょうね どうか良い復興を」


posted by 大星雲 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

旧三井家下鴨別邸     京都の友よりの写真と文  三月十八日

DSC07898 (2).JPG 日本文化ここにありか 茶室は影の大大名

春光や影そっと持つ庭の石


友の曰く
「今は庭石の影木々の影 みな柔らかな感じですね 被災地に春の光 嬉しいでしょうね」
posted by 大星雲 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

お水取り   杉本健吉   杉本健吉美術館

DSCN3492.JPG 悟った一筆 すごいなあと思う
修二会松明上堂   杉本健吉
                               
                    
                                   
筆勢は焔となりぬお水取り



お水取りのおたいまつが上堂す時 回廊ををのぼりきったところで真正面から拝んでいるとまるで太陽が巨大な光焔を吹き放って昇ってくるようである    健吉
                                                
被災地復興 力強く一本の道 ただただ被災者の幸せを
posted by 大星雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

漁村返照  横山大観   東京国立博物館   昨年十一月二十三日

DSCN2916.JPG 健康な微笑みの満ちる絵

活きの良き人ばかりなり本朝画人伝    (本朝画人伝   村松梢風)


東日本被災地 早くこの絵のような漁村に 豊かさの見える漁村に 子等の遊ぶ漁村に
posted by 大星雲 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

三月の有明の月

DSCN3484.JPG 月が巡る天の川が巡る 人生は

雪山の峰々渡りて帰りゆく
     今朝三月の有明の月


晴れなれば何処でも見ゆ有明の月 被災地に元気を気づかせる月 自覚の月か
posted by 大星雲 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

お水取り    東大寺二月堂

DSC08087 (2).JPG 映画 月は上がりぬ を思い出す

田中絹代小走りに来る二月堂

友の曰く
「二月堂のお水取りに行ってきました 19時から24時まで内陣で儀式を見てきました
被災地のことも祈りの中なのだな と思いました」

posted by 大星雲 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

平安神宮の梅   京都の友よりの写真と文   三月九日

DSC07986 (2).JPG ごみだめに咲いても気品有り

梅咲くやこっちも向こうも主人公


友の曰く
「津波の痕にも梅よ咲け 痛みの心にも梅よ咲け」 
posted by 大星雲 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

「人間は皆 年をとれば自由になります」

DSCN3469.JPG 楽団の皆さん 楽しい緊張

三月や自由の自覚も少し持ち


被災地のお年寄りさんに 小さな自由にも喜びを 大きな自由にも喜びを 自覚自覚

posted by 大星雲 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

雪中暖情ありて

DSCN3456.JPG 安らぎのふるさとか

日溜まりや老いは老いで美しき


遅くとも本当の復興は美に向かう 天災被災地 平凡の頑張りこそ
posted by 大星雲 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

空木岳三月    2011(3.11)+6

DSCN3465.JPG 山の木々の変化が楽しみ

三月の暖かき日は山を見ん
         雪は空木をふんわり覆いて


東日本大震災から六年を過ぎる 醜い根性を無くし日本人の七年目を作ろう 祈ろう
posted by 大星雲 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

城南宮の枝垂れ梅   京都の友よりの写真と文     三月九日

DSC07568 (2).JPG 梅の処もあれば雪のところも 日本は長い

小雪舞うメールに京の梅の来る


震災被災地のそれぞれの梅はどうだろうか 梅が待っている ふるさとに帰ってこられることを




posted by 大星雲 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

高遠城址公園  問屋門

DSCN3278.JPG 哀歓交々桜花知る
もののふの足音途絶え蕾かな


福島避難いじめ44件(読売新聞)と言う 
キノドクナヒトヲイジメルトハナサケナイハズカシイニホンジンニナリサガッタナ 
ナサケアルニホンジントナレ サクラハミテイルゾ

サイキンミットモナイトイウコトバヲジッコウシタスガタミニクイヒト 
イシハラシンタロウ  ユウジロウハカナシ ユウジロウハカワイソウ
アベアキエ コクミンガハズカシイ 
posted by 大星雲 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

八坂神社さんの節分祭    京都の友よりの写真と文

DSC04929.JPG 京都の別嬪さんの節分絵 一年忘れずに

鬼も迷う写真呉れたる京の友


遅れている被災地の復興 わからない本当の鬼がいるのかもしれない 
posted by 大星雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

菩薩頭部   龍門石窟   東京国立博物館

DSCN2939.JPG 微笑みは 人類の宝 馬も微笑むか
アーモンド形の目 口元の微笑を浮かべる 

春一番優しき声を貰いたり


被災地復興に欠かせないものの一つ 微笑みと思います
posted by 大星雲 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

河東碧梧桐句碑   高遠城址公園

DSCN3270.JPG 気宇壮大
西駒は斑雪(はだれ)てし尾を肌脱ぐ雲を

堂々と大石に彫りたり明治の世


被災地復興 明治の思想は人の為を第一にされた その眼で見ておられることだろう
posted by 大星雲 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

雪崩の跡が見える   熊澤岳

DSCN3450.JPG 雪崩に押される岳樺 春を感じているな

町は春風雪山雪崩の幾筋も


各地の被災地 春の忙しさ 嬉しい忙しさになってもらいたいです どうかどうか
posted by 大星雲 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

三平二満(さんぺいじまん)図  江戸時代   東京国立博物館

DSCN2929.JPG 美人ではないが何処か懐かしい

ひな祭りお多福に勝る言葉なし


「三平二満」とはこころが平らかで満足していること という おかめ おたふくのこととも言う 震災被災地 こころ平らかな日々が皆に早くくるように







posted by 大星雲 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

祇園東の舞妓さんの奉納の舞    京都の友よりの写真と文

DSC05306.JPG お待たせ 袂(たもと)の出番です

立ち上がり袂をくるりん舞妓かな


友の曰く
「袂でないと表すことのできない感情があるのですね 細かな心遣い 被災地にも言えますね」
posted by 大星雲 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

無字の碑     高遠城址公園

DSCN3285.JPG 有字より無字か 沈黙の雄弁
無字の碑
伊沢多喜雄は明治二十八年(1895)東京帝国大学法科を卒業した後警視総監、台湾総督、東京市長、貴族院議員、など国家の重要な政務に携わる傍ら郷里高遠をこよなく愛し治山治水に力を尽くした 郷里の人々はその高徳を永く顕彰したいと頌徳碑の建設を計画したところ、翁曰く「政治家の頌徳碑などとんでもない間違いだ 例え善政を敷いたとて人間の功罪は棺の蓋を覆って初めて現れるというではないか.頌徳碑などまかりならぬ」と断固として承知しなかった このことでますます敬慕の情がますこととなり、許可をもらえぬままついに字を刻まず建てられたのがこの碑である   由緒看板より

蕾堅し城址公園無字の碑立つ


被災地にもこの様な素晴らしい人がおられることだろう 恥ずかしくないようにありたいね
posted by 大星雲 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

[田園] を聴く  

DSCN3444.JPG 「運命」を記念日に聴いたと友いう 深刻

三月や田園聴けり結婚記念日


天災被災地も農作業ぼつぼつ始まるか ベートーヴェンも農村田園にあたたかい感じを持たれて
posted by 大星雲 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする