2016年11月30日

上野公園の大噴水     十一月二十三日

DSCN2901.JPG 晩秋の空に噴水語りかける 何を

噴水高し博物館へ通り過ぐ


勢いのある噴水の姿 勢いのある復興の姿 震災被災地にこの姿を
posted by 大星雲 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

宝剣岳の影     十一月二十八日   中川村南向より

DSCN2994.JPG こんな影を見ると月日を惜しむ思いが

宝剣岳己が影厳しく前岳に
      十一月の陽は沈むなり


月日を惜しむ もう十二月 震災被災地 どんなにかこころ忙しいことだろうか お元気でと願う


posted by 大星雲 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

焼き芋屋台     十一月二十三日

DSCN2907.JPG 芸術と食欲 呉越同舟です

焼き芋屋博物館の前の道


震災被災地も焼き芋屋さんの屋台の盛りか 日々の疲れの回復に 芋よ頼むぞ
posted by 大星雲 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

ゴッホとゴーギャン展      東京都美術館   十一月二十三日

DSCN2903.JPG なんと素晴らしい二人か

ゴーギャンにゴッホに見せたし盛りなる
       上野の森の公孫樹のもみじを


二人が褒めてくれるような震災被災地の復興を 心身の復活を
posted by 大星雲 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

りんごの唄 思い出します

DSCN2974.JPG  赤いリンゴに 口びるよせて
                                    だまってみている 青い空
                                    リンゴはなんにも いわないけれど
                                    リンゴの気持ちは よくわかる
                                    リンゴ可愛や 可愛やリンゴ

雪載せてりんご可愛くなりにけり


震災被災地のりんご 雪との遊びが続いているか その元気を皆の幸せの元に復興の元に
posted by 大星雲 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

こんなに早く 雪が

DSCN2976.JPG 何でもない景色です りんごは寒いね

りんご畑置きたる籠に雪積もる


東京では五十四年ぶりの早い雪という あちこちの震災被災地では心身あわただしい一日か 
お体大事に どうかどうか
posted by 大星雲 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

東京 上野へ

DSCN2882.JPG 何十キロも続く木々の晩秋

信濃より甲斐路に続く晩秋の
        山間の道バスは行くなり


夕刻 新宿は風 寒し 震災被災地には寒さはなお厳しい 助け合って暖かさを
posted by 大星雲 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

去りがたし 雑木林        横山部落

DSCN2871.JPG 見れば浦上玉堂の気分である

雑木林秋の風光空即是色


今朝 福島地震 津波大事に至らず 天に礼 天に感謝
posted by 大星雲 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

あちこちに柿     伊那山本部落

DSCN2857.JPG 今あるのはみな渋柿 人の胃か鳥の胃か 
                                   どっちに入るのだろうか

村の道曲がればまたまた赤き柿


震災被災地も柿の色の美しい時か その赤きいろ どうか疲労の回復に
posted by 大星雲 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

秋の林の声と匂い     横山部落にて

DSCN2872.JPG 晩秋は自然の優しさか

晩秋の林の匂いの中にいる
     涙ぐみそうなひと時を持ちて


震災被災地も晩秋の最中か 林の遠望 こころの疲れの一掃の手助けに
posted by 大星雲 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

二つ並んでいる埴輪     東京国立博物館

DSCN2182.JPG 口を見れば声が聞こえる

埴輪ふたつ並んでいたり秋の歌


弥生時代の童謡唱歌を歌っているな と思う  童謡唱歌は日本の宝 いじめのこころの和らぐ宝 唱歌は消えてしまったのか
原発避難児童のいじめ 当事者はさも神妙の顔を見せるがあれは嘘 結局他人事の反省だろう と確信する 
苦しんだ子供 しっかりと抱きしめてやりたい
posted by 大星雲 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

弥生時代という時代     東京国立博物館     八月七日

DSCN2169.JPG こころまで写している様な

弥生時代暮らしが顔に土偶かな


震災被災地の人々の苦しみ悲しみに思いを馳せる顔 尊い顔
posted by 大星雲 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

次は十八年先   三日過ぎた スーパームーン

DSCN2843.JPG

山に入る六十八年目の大き月
    十八年後は如何なる日本か


原発避難児童のいじめ 学校が把握したにも関わらず市教委と協議せず などご粗末にも程がある
なぜもっと と思う 
日本の児童の難は日本の国に将来のないことなのだ 日本沈没なのだ この利口ぶった思い上がりのたわけ共め   


posted by 大星雲 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

スーパームーン    月の漢字    十一月十四日

DSCN2828.JPG 個性みなぎる月 月 月

いろいろの月の字にぎやかスーパームーン


なんという情けないことだ 原発事故の避難先で子供をいじめるとは 


posted by 大星雲 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

初冠雪 どの山も新しい    十一月九日

DSCN2786.JPG いいものを見た様なちょっとした興奮

初冠雪足をとどめる今朝の貌


復興のお仕事 日々新しい実績の貌出来上がりのかお 無理をせずにお元気で
posted by 大星雲 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

浅井忠の像       千葉県立美術館    十一月十二日

DSCN2809.JPG 逆光は余韻があるかな と思って

グレーの秋を偲びて筆取る忠の像
          美術館の紅葉を背にして


明治の人には大きな真面目さを感じると言う 被災地の様を真剣に祈り見守っておられるか


posted by 大星雲 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

浦上玉堂展    千葉市美術館    昨日十一月十二日

DSCN2814.JPG 市役所と続きの建物 
                                   街中にあるは嬉し

千葉の街三つ四つ曲がりて美術館
               太き円柱並び立ちたり


復興に忙しい被災地もそれぞれ展観に忙しい美術館か 願わくは被災者の目と心の活力に
posted by 大星雲 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

千葉市へ   天竜川の霧   中央自動車道高速バスより

DSCN2799.JPG 朝早いと見れないものが見えるな と思う

まだ暗き十一月の天竜川
        暖かなれば川霧の生まる


震災の被災地 大変な日々の苦しさの中から よきもの生まれんことを どうかどうか
posted by 大星雲 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

一人で見る晩秋の山       十一月九日

DSCN2794.JPG なんという静かさかと思う 
                                   ひとり沢の音を聴く

陰り来る晩秋の山沢の音


陽のあたる美しさ陽の陰る美しさ 被災地の山にもこんな思いが見られることだろう
仮設住宅からも見える山も 寒さに気をつけて どうか
posted by 大星雲 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

初雪化粧を見せてくれる木曽駒山脈  拍手  十一月四日

DSCN2779.JPG 紅葉の山初雪の岳 なぜ美しいと思うのか
                                   猿や鳥には美の意識はないのか 可哀想

錦着て薄化粧かよお駒さん
    主と旅寝の夕焼けの空


日一日と景色の変わる晩秋の山河 天よ 被災地にも楽しめる時間を
posted by 大星雲 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

立冬の岳

DSCN2784.JPG 今は山の様子が毎日面白く変わる 今日も
                                   新しい

立冬や昨日の雨の今朝の岳


今朝は寒かった 被災地の皆さんは ふと思った
トランプさん 真新しい大発想で 大実行力で 世界を
posted by 大星雲 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

巴御前    時代祭り     京都の友よりの写真と文

DSC04262.JPG 「平家物語」によれば「色白く髪長く、容顔まことに優れた
                          り」という美人で、「強弓精兵、一人当千の兵」であったと
                          いう  ネットより

京に来て思うは木曽の時雨かな


木曽は晩秋 巴御前 きっとふるさとを思っているね 震災被災者の皆さんでふるさとに帰れない人たちが大勢おられる 早くと思う 早くと祈る 
posted by 大星雲 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

瓦塔   東京都東村山市多摩湖町出土  奈良時代 八世紀   

DSCN2155.JPG 木造建築の塔を真似た焼き物 昭和九年                  
                                   松林を開墾中に偶然発見瓦垂木表現忠                                    
                                   実 復元のもの 
終生創意瓦塔見る

東村山市に長年の友人あり 郷土の歴史を喜んでおられることと思う
震災各被災地にも誇れる歴史数々有り 復興の支えとならんことを
posted by 大星雲 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

中村不折展      長野県伊那文化会館

DSCN2783.JPG 無私の蒐集 古人への感謝限りなし

書画以て支那の宝を蒐めけり
      平成の世には買えぬ宝を


明治の人 何かの大きさが違う 震災被災地 古人先人の思いを その復興を どうかどうか
posted by 大星雲 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

鞍馬の火祭り    京都の友よりの写真と文     十月二十九日

DSC01170.JPG 参道の暗きが故に松明の火が活きる そうだそうだ 
                        暗き中にこそひらめきが そうだそうだ

大松明暗き参道活き活きと


天よ 願わくは被災地に 知恵のひらめきを頑健な体を どうかどうか





posted by 大星雲 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

文化の日 です 日の丸の旗を揚げました  ボク

DSCN2750.JPG 雪の領土が増えてきました

岳の雪今朝も新し文化の日


日本の震災被災地 今日の文化の日は如何過ごされたでしょうか 
明日からまたお元気で どうかどうか
posted by 大星雲 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

両陛下 京都へ   京都の友よりの写真と文   十月二十九日

DSC01592 (2).JPG お元気なお顔を見せて頂くことが

いたわりあい歩むお姿菊香る


全国各地の震災被災地 いつも祈っていて下さる ありがとうございます
posted by 大星雲 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

11月の山    北岳

DSCN2740.JPG いよいよ雪の世界の始まり ですね

十月の終わりの雨は今朝止みぬ
         北岳仙丈初冠雪見せて


初冠雪 という言葉 震災被災地では心の急ぎとなるのだろうかか どうか元気の復活を復興を
posted by 大星雲 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする