2016年10月31日

十月 終わる

DSCN2712.JPG 雨と曇りの十月 顔を見たくも見えぬまま

紅葉して枯れて十月岳終わる


震災被災の各地 復興の進んだ十月であったろうか 寒くなる十一月 どうか元気な十一月でありますように
posted by 大星雲 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

国分寺古瓦     東京国立博物館

DSCN2146.JPG なんでこんなに惹きつけるのだろうか

古瓦の欠ければ尚々近づきぬ
             瓦職人の古き心が  


鳥取の被災地にも国分寺が 守り給え ふるさとをふるさとを 
posted by 大星雲 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

たくさんの銀杏     大法寺境内

DSCN2708.JPG 銀杏の匂い どこかなぜか懐かしい

銀杏を拾えば目の先落ちた音


あちこちの震災被災地では銀杏はもう落ちてしっまっただろうか 洗ってもう実になったのだろうか
銀杏にも復興の祈りをを頼みたい どうか夢のある復興を


posted by 大星雲 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

大昔のハロウイン     森将軍塚古墳

DSCN2242.JPG どんな面白い思考から
                                   三角窓が生まれたのだろうか

埴輪にも三角の窓ハロウィン


被災地の若者 ハロウインを楽しめるだろうか なんとか明日の力に
posted by 大星雲 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

壷片(磁州窯 十四世紀)  東京大学構内出土   東京国立博物館

DSCN2153.JPG 髭に人柄が 
                                   今人の髭は汚らしいと思うよ ネ

壷片や君子おもむろに歩みけり


生き生きとした筆跡 被災地の皆さん大変でしょうが どうかどうか生き生きと

posted by 大星雲 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

南駒ヶ岳    本郷より

DSCN2705.JPG 初雪の訪れ もう間近かですね

雲間より晩秋の貌南駒


国中の震災被災地の貌 一日も早く安心のお顔となりますように 祈る祈る
posted by 大星雲 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

観世音菩薩の影が     東京国立博物館

DSCN2184.JPG 影はまた別の美しさが見える 親しみが

観音の影気安さのありにけり


鳥取の震災 多くの被災者 守り給え見守り給え
posted by 大星雲 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

千畳敷ホテル      十月六日

DSCN2667.JPG 晩秋の景色はまなこに

晩秋や岳のホテルの寂しき賑わい
 

震災被災地も晩秋か お気持ちの良い復興を願うのみ どうかどうか
posted by 大星雲 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

樹下の釈迦     横山大観     東京国立博物館

DSCN2142.JPG どこか人懐っこい 大観が絵描けば…… 

菩提樹の風の音聴く悟りかな


こんどは鳥取 なむ釈迦牟尼 鎮めたまえ鎮めたまえ
posted by 大星雲 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

裸婦  梅原龍三郎    東京国立博物館  八月七日

DSCN2136.JPG 美しく優しく明るく逞しく おぉこれぞ日本の女性 
                                へなちょこなんてしていないんです

人類の女王の如く椅子にいる
         龍三郎の裸婦の貫禄


震災被災地の復興に力を尽くす女性 これぞ日本の女性
posted by 大星雲 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

森将軍塚古墳の埴輪    円筒形と壷型

DSCN2248.JPG なんでドラム缶型の埴輪なのか 
                                   わからない 古代の人は面白い

円筒の埴輪も秋の空気満つ


長い年月の空気を吸って今に至るか 被災地も今に至るか 喜びも悲しみも春夏秋冬も 安心の今を

posted by 大星雲 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

将軍の郷     森将軍塚古墳

DSCN2262.JPG 今は北陸新幹線が通っている 
                                   将軍は驚き楽しんで居られるな

尾根筋の古墳より見る田と家並み
             将軍今も見守りし郷


震災の被災地 何処も先祖のみまもりし土地
posted by 大星雲 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

埴輪   森将軍塚古墳     八月十二日

DSCN2259.JPG 将軍は古墳の中できっと勇敢であった
                                   往時の戦を思い出しているね

並びたる埴輪勇まし秋の風


日本中が不順な天候 震災の被災地は復興事業に差し障りがあるのではないだろうか 祈る祈る
posted by 大星雲 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

新そば祭り   西春近    十月十七日

DSCN2690.JPG 信州信濃の新そばよりも
                                   わたしゃあなたのそばが良い

カンナ咲く農道広しそば祭り
  

今頃はどこの被災地もそばまつりの賑わいか 復興の力の原動力となってね



posted by 大星雲 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

神無月満月

DSCN2699.JPG 人の心を見ている月です

雲間より十月の満月輝きぬ
     登るは赤石の何処の山か


東日本でも九州でもこの月を見ていることだろう 
どうか不安の月が希望喜びの月となるように どうかどうか
posted by 大星雲 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

浦上玉堂の喜びそうな     十月六日

DSCN2644.JPG 月の光を浴びれば岳樺 きっと踊りだすだ
                                   ろう

神無月月光親し岳樺


明日明後日は満月という 被災地の安心の日々のあらんことを 満月に
posted by 大星雲 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

前岳の尾根 紅葉終わる     十月六日

DSCN2666.JPG 新制中学校二年生集団登山の八時間

麓より木曽駒登山の十五歳
       前岳の尾根今も忘れず


大分熊本の震災 半年という 苦しみ不安の真っ只中と言う あぁ… 政治よ賢人よ
posted by 大星雲 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

山は晩秋     十月六日

DSCN2664.JPG 山の寂しさは山の美しさ 
                                   いよいよ山の味が増してくるな

岳樺葉は散り落ちて幹白し
      這松の緑いよよ濃く見ゆ


だんだん日が短くなる寒くなる これからの片付け復興大変なことであろう どうか日日お大事に
posted by 大星雲 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

自分が山に遊んでいるような   十月六日

DSCN2658.JPG 点点点 人が見える面白さ

秋の山遊ぶ人見る麓かな


大変なご苦労の天災被災地 紅葉を楽しむことのありやなしや 年末の募金と祈るのみか
posted by 大星雲 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

長い長い稲はざ    東伊那

DSCN2687.JPG 稲穂の天日干し 矢張り風情が

山曇る長き稲はざ吾亦紅


秋の山野草は静かな懐かしさ 被災地にも人知れず咲いているか
posted by 大星雲 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

金色の風の跡     伊那耕地

DSCN2688.JPG 黄金色となって過ぎ去るか

 十月や稲田一掃風の跡


あちこちの天災被災地 田の景色は変わってしまっただろうか わたしにはわからない悲しみのあることだろう 祈る祈る
posted by 大星雲 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

峠道を下って     火山集落

DSCN2684.JPG 峠道の両側は松茸の松林 松茸祭りの旗
                                   が立つ

峠道下れば稲穂のなかの村


天災被災地 来年の秋は稲穂を眺め松茸を楽しむ日のあらんことを 祈るや切に


posted by 大星雲 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

平凡を見つめる

DSCN2670.JPG 光は魔術師 地球始まって以来不変

池の面秋の日差しに鴨休む


被災地の鳥獣 心休まる日はあるか 人間ともどもやすらぎの獲得を


posted by 大星雲 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

鴨も同級会です     馬見塚旅館

DSCN2679.JPG  岸に集まる鴨 何を語り合っているか 

衣食無き過去を持ちたる同級会
   「有難うを思う会」言いて終わりぬ


天災の被災地 復興の苦しさを何時の日か乗り越えて乗り越えて 必ずいつの日か 
posted by 大星雲 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

宝剣岳からの水  二つの滝 

DSCN2652.JPG 深い山に滝の音だけ 歌え歌え

台風の過ぎたる今朝の宝剣岳
      二つの滝も紅葉の中に


台風の被害は被災地ではどうだったのだろうか 地球の変調子に世界はどう向き合えばよいのだろうか
posted by 大星雲 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

大隅良典栄誉教授   生理学。医学賞受賞   十月四日

DSCN2615.JPG みんなみんな知恵を持っているのだな 凄
                                  いこと凄いこと 

細胞に自給自足ありてノーベル賞


ものすごい台風が日本の空に居ると言う 被災地の復興が遅れるではないか 
どうかどうかほどほどに 天よ天よ どうかどうか
posted by 大星雲 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

朝の散歩道

DSCN2609.JPG 柘榴の木は不思議だよ 誰が活けても様に
                                   なると思うよ 生花師匠の気分です

散歩道老婆手折りぬ柘榴の実


天災の被災地の老爺老婆如何過ごされておられるか どうかお元気でお元気で
posted by 大星雲 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

大阪城の雛形      九月十一日

DSCN2460.JPG 太閤のお気に入りの所は 何処

雛形にも春夏秋冬太閤は


日本全国の天災被災地 秀吉家康の縁の地 復興に力をご加護を
posted by 大星雲 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

森将軍塚古墳     八月十二日

DSCN2261.JPG 声が出てしまうその大きさその景観

古代の道八月の暑き日に登り来ぬ
          その終りなる将軍塚古墳


今から千六百年以上昔に作られた古墳 竪穴式石室は日本最大級という
震災被災地の古き歴史物の数々被災を免れたであろうか  天よ 忘れずに忘れずに
posted by 大星雲 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

松茸を頂く    七久保

DSCN2606.JPG 大人と子供か 蛤よ蛤よ

神無月長雨松茸連れ来る


大雨による被災地 茸の出来はどうだろうか 復興の力の元となれば


posted by 大星雲 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする