2016年03月31日

風寒し   直江津

DSCN1603.JPG 久しぶりに波の音を聞く 尊いような

直江津の海風寒し
     渚行く老父の腰の少し曲がりて


海と老父 東日本被災地の様々のこと 思いは深し



   
posted by 大星雲 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

ションベンバアサ   和田の霜月祭り    その三十一

DSCN1168.JPG 頬っぺに熱湯が 熱いのなんの

湯たぶさを熱湯につけ振り回す
       熱きお祓い村人清めて    (湯たぶさ=笹を束ねたもの)


東日本被災地の祭り 村人はどんなお祓いを受けるのだろうか 復興へのお祓いも

ションベンバアサとは小便小僧ならぬ小便婆様の事か 老婆のその姿が思われる 
もう遠い昔の世の事 真に歴史を感じさせる呼び名と祭りである
posted by 大星雲 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

青森の朝    京都の友よりの写真と文    三月十一日

DSC00035.JPG 京都とは違った夜明けが始まるか

志功修司青森は遠し治も居る


友の曰く
「文士芸術家のふるさと 東日本被災地にも多くの文士や芸術家が 復興に力を」
posted by 大星雲 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

久遠寺の石段

IMG_0076.JPG こんな写真となる石段は他にあるだろうか 
                        
お山の春怖き石段下りにけり


東日本被災地にも子供の頃の思い出の石段があったことだろう こころに残る懐かしさ
posted by 大星雲 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

烏天狗   和田の霜月祭り    その三十

DSCN1156.JPG ソレ イケイケッ

DSCN1157.JPG オオォォォ- アッチチ

湯気の中烏天狗の面の青


みなに幸せを飛ばすこの意気 東日本被災地に届け
posted by 大星雲 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

ブルートレイン   京都の友よりの写真と文     三月十一日

DSC00104.JPG 流行を超える良い姿

春なれや好奇の眼の芽生えけり


友の曰く
「この車両 引退という 寂しいことなり 東日本被災地にもこんな寂しさもあるのだろう」
posted by 大星雲 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

直江津の海

IMG_0148.JPG 小学生の驚き喜びを 今

佐渡は見えず海水舐めて帰りけり


東日本被災地では海水の塩気を交々の気持ちで感じている事であろう
posted by 大星雲 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

身延山久遠寺山門

IMG_0074.JPG 日蓮の意思が見えるような

山の中の久遠寺大きな門に春

東日本被災地を常に祈っていて下さるような感じを受ける山門です
posted by 大星雲 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

まだ続く面神様   和田の霜月祭り    その二十九

DSCN1145.JPG 面かぶる踊り手上手し腰や良し

男らしく酔いたる面神ありにけり


東日本被災地の復興の神の晩酌の姿か 有り難し
posted by 大星雲 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

機関車の別れ  青森駅   京都の友よりの写真と文   三月十一日

DSC00108.JPG 古きもの古き心の美しさ懐かしさ

三月や別れの悲しきものばかり


友の曰く
「新幹線の開通でなくなるのか?撮り鉄は朝から大勢来ていました 
東日本被災地にも三月の別れ 沢山にある事でしょうね」
posted by 大星雲 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

直江津へ

DSCN1620.JPG 春耕も近いな

姨捨の棚田に軽トラの三・四台
     春の仕事の始まる頃か

東日本被災地にもいよいよ春が 種まきと復興 幸あれ
posted by 大星雲 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

久遠寺へ   中央線車中より

IMG_0071.JPG 山野の匂い満つ 村の匂い満つ

甲斐の国春の彼岸の車窓かな


東日本被災地の春彼岸 山河に暖かさが生まれきたことだろう 健やかに進め
posted by 大星雲 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

実光院庭園雪景色   京都の友よりの写真と文   一月二十二日    

DSC02430.JPG 奥行きのある雪の名庭

聲明の白く聞こゆる実光院


友の曰く
「東日本被災地の寺々 復興の祈り念仏 雪も聞かれたことでしょうね 」
posted by 大星雲 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

面神様同士で   和田の霜月祭り

DSCN1137.JPG 土着の祭りのこころ安さ いっぱいに

次の出を待つ面神様の反らす胸


笑いのある祭り 「尊いな」 と思う 東日本被災地にも笑える祭りがあるのだろう 元気の元が
posted by 大星雲 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

雪は真っ白に染めてくれる  京都三千院  京都の友よりの写真と文   一月二十二日

DSC02483.JPG 悩みも喜びもしみ込んでいる雪

経読むや雪に沁み込む三千院


友の曰く
「東日本被災地でも復興の槌音が雪にしみこんでいるのでしょうね」
posted by 大星雲 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

見飽きない面神   和田の霜月祭り    その二十七

DSCN1139.JPG 古代エジプトの彫刻を見ているような 凄い
                                   この凄さ今まで気づかなかった                                                      
古びては尚迫真の域に入る
     如何なる人の彫りたる面か


東日本被災地に昼夜力を尽くしているような面 いのち溢れている また凄い
posted by 大星雲 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

源光庵   迷悟の窓    京都の友よりの写真と文   一月二十二日

DSC06310.JPG わたしたちの親しむ迷いの窓

DSC02230.JPG お利口ぶった人の悟りの窓

雪景色迷悟の窓は人の空言



友の曰く
「東日本被災地 迷いの中に確かな光を と祈りたいですね」
posted by 大星雲 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

天狗様の面神    和田の霜月祭り    その二十六

DSCN1140.JPG お年寄りでないと出ない味

古格もつ天狗の面の痛み傷
    村の老人の静かなる足


流石は長老と思わせる立ち居振る舞いの面 老人は尊い 東日本被災地の老人も 
posted by 大星雲 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

源光庵 雪光     京都の友よりの写真と文   一月二十二日

DSC02256.JPG 昔の人は光に敏感であったのでしょうね

庭の雪光となりて方丈へ


友の曰く
「蛍の光窓の雪 卒業の季節 東日本被災地にも 卒業の子らに幸あれ幸あれ」
posted by 大星雲 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

面神様この世をご覧になる  和田の霜月祭り   その二十五

DSCN1128.JPG 騒々しい世を見ておられる

人の心見透かす面ぞ
    嘘多く醜きことの溢れたる世を


特に東日本被災地にこの面神様を よく見聞きなされんことを
posted by 大星雲 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

宝泉院の老松    京都の友よりの写真と文   一月二十二日

DSC02316.JPG 五年前の今日である 健やかなる老いを

雪持ちて老松一樹天下の景


友の曰く
「老い という字を見ると思うは東日本被災地の年老いた皆さんである 
悲しむ人になんと話したらよいのか」
posted by 大星雲 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

赤ら顔の面神    和田の霜月祭り     その二十四

DSCN1133.JPG 面の傷が祭りの歴史を

面神様祭りの酒に酔われるか
    面付けた男のそりと歩く


傷もつ面に祭りを支えている村人の心意気を感じる 東日本被災地にも今復興の心意気が
posted by 大星雲 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

宝泉院雪景色  京都  京都の友よりの写真と文   一月二十二日

DSC02323.JPG どの枝は嫌い なんて言いません

京の庭素直に雪の枝に載る 


友の曰く
「東日本被災地のこと 不快のニユースの一つでも解決少なくならんことをと思いますね」
posted by 大星雲 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

お隣同士の話題

DSCN1578.JPG なんで気持ちがやわらかくなるの

隣組小さき花の咲く話


東日本被災地でもお隣同士で花の咲く話題などがあるだろうか あちこちであってほしい
posted by 大星雲 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

面神続く  大天狗   和田の霜月祭り    その二十三

DSCN1077.JPG 愛嬌迫力満々点

大天狗の面神いよいよいで来たる
        擦れたる赤鼻幾年を経ん


東日本被災地では赤天狗の大活躍の姿が見られることだろう
posted by 大星雲 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

宝泉院  雪丸々と   京都の友よりの写真と文    一月二十二日

DSC02360.JPG 喜んでいる雪 声が聞こえるよ ね

丸々と大雪載せて京の庭


友の曰く
「豊かさを感じますね この丸々とした雪の姿を見ると 
東日本被災地にもこんな豊かさをと思いますね」
posted by 大星雲 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

面神登場続く    和田の霜月祭り    その二十二

DSCN1096.JPG たしか何処かでお行きあいした様な

一刻者と見える面神湯気受けて


どこにもおられる庶民の神か 東日本被災地にも 復興の早い運びを
posted by 大星雲 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

抹茶を頂く    宝泉院   京都の友よりの写真と文    一月二十二日

DSC06338 (2).JPG 茶碗のぬくもりの嬉しさ

抹茶より目を移しけり雪の庭


友の曰く
「両手に伝わり来る茶碗の熱 東日本被災地にも心地よい熱を」
posted by 大星雲 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

岳樺の雪解け

DSCN1575.JPG この景色 どのように春山となるか

空木岳を背にして迫る前の山
     岳樺の雪解け始めるか


東日本被災地の低い山々も同じ頃か 皆で春を喜べる復興に
posted by 大星雲 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

一月の京都    法然院    京都の友よりの写真と文     一月二十二日

DSC02176.jpg 街中では立ち止まることはないが ここでは

法然院雪降る中に立ち止まる


友の曰く
「雪降る情趣を 東日本被災地にもこんな気持ちが沸くでしょうね」

posted by 大星雲 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

東京の友より本を頂く    

DSCN1568.JPG 絵心を呼び起こしてくれるか

故郷出て六十余年
     新刊の本送り来る友の添え書き


六十余年前に東日本被災地を出た友ならば故郷に何と添え書きをするのだろうか 
posted by 大星雲 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする