2015年11月30日

源光庵    京都の友よりの写真と文    十一月十二日

DSC05179 (2).jpg 十一月二十二日 いい夫婦の日 過ぎましたね

   老夫婦座して静かに冬の庭


  友の曰く
   「年老いた夫婦のご一緒の姿 いいものですね 東日本被災地の老人いかが過ごさ
  れているでしょうか」
posted by 大星雲 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

若き声   天授庵    京都の友よりの写真と文

DSC04819.jpg 少し寂しさを感じます 

京の庭紅葉の盛りを過ぎにけり
       聞こえる読経は声若くして


   友の曰く
   「庭園を写していると奥から若い声が聞こえてきました 良い気分になりました
   東日本被災地でも若い声が溢れて欲しいですね」
posted by 大星雲 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

雪山と月

DSCN0869.JPG 宇宙の劇か 

   霜月の朝の青空十六夜の
       白き月影雪山に行く


   東日本被災地もこの月 ともに良き日を
posted by 大星雲 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

南禅寺の塔頭、天授庵    京都の友よりの写真と文    十一月八日

DSC04884.jpg 私は何をしてきたか ふと思いました

   方丈に座して霜月色と風


   友の曰く
   「南禅寺に来ました 初冬の五右衛門気取りでしょうか
   正義の味方の五右衛門 いでよいでよ 被災地の復興に」
posted by 大星雲 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

京都の紅葉  水路閣  京都の友よりの写真と文   十一月八日

DSC04761.jpg 歴史の加わったもみじです

   水路閣アーチを抜けて紅葉かな


   友の曰く
   「京都も紅葉の季節に 水路閣のモミジも雨に濡れています
   東日本被災地も寒くなったことでしょうね 復興の暖かさをと思います」
posted by 大星雲 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

四季桜咲く   町の公園   その九

DSCN0839.JPG 今咲いて寒くはないのだろうか

   この数日わずかの風に枯れ葉舞う
           四季桜は今咲き初めにけり


   東日本被災地にもこんな桜があるだろうか きっと復興を勇気づけてくれるだろうが
posted by 大星雲 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

梢の残り葉     町の公園    その八

DSCN0832.JPG 高い空を青い空を見上げる有り難さ

   残る葉の遠く近くか青き空


   東日本被災地の青き空 復興の心の支援に
posted by 大星雲 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

石のいのち     町の公園    その六

DSCN0836.JPG どんなものにも命があるのだという

   落葉して石のいのちの輝きぬ


   東日本被災地 物のいのちの結集が復興に 復興に
posted by 大星雲 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

天竜川を遠くに     飯島本郷

DSCN0867.JPG 人影見えず 静かな天地

急峻な帯なす棚田の底流る
       天竜川は冬のさざ波


 東日本被災地でも大きな川に日の過ぎるを思うだろう 復興の事を思うだろう
posted by 大星雲 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

縞を成す影     町の公園    その五

DSCN0833.JPG 落ち葉の満足

   柔らかに木の陰走らす落ち葉かな


   落ち葉ならではの景色 東日本被災地ならば静かな海にも見えるか 
posted by 大星雲 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

樹々の影    街の小さな公園    その四

DSCN0831.JPG 落ち葉は影を喜びて

   幹の影落ち葉の上を伸びゆけり


   東日本被災地 樹々の影をを見る人びと来し方思われておられるか 月日の速さか
posted by 大星雲 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

素朴な腰掛け    町の公園     その四

DSCN0829.JPG 石も語り腰掛けも語る 落ち葉とね

   落ち葉積む町の公園の遊歩道
       素朴な腰掛け落ち葉積もりて


   素朴という言葉を使ってみたかった 東日本被災地を思った
posted by 大星雲 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

石 語りだす    町の公園   その三

DSCN0827.JPG 落ち葉と一年ぶりのお話です 石の喜びが

   落葉や石の饒舌始まりぬ


   医師の喜びが東日本被災地にも 復興の力に
posted by 大星雲 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

乙女の像     町の公園   その二

aaaaaaaaaaaaaaaaaa.jpg 落ち葉もきっと喜んでいるな

   晩秋や落ち葉に影の乙女像


   この晩秋を東日本被災地また各地の被災の方々如何に過ごされておられることか
posted by 大星雲 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

 落ち葉を楽しむ   町の公園    その一

DSCN0824.jpgqqqqqqqqqqqq.jpg 落ち葉を踏めるしあわせ

   町の公園落ち葉の声を聴きに来る


   東日本をはじめ各地の被災地 今 落ち葉の盛りか  復興の盛りに
posted by 大星雲 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

東尋坊 京都の友よりの写真と文      十一月十二日

DSC07703.jpg 強い強い海と岩 良い顔

   東尋坊初冬の顔なる色と音
 
   友の曰く
   「海を見ていてこの地の蟹を頂きたくなりました 
   東日本被災地 海の幸が復興の力になってと思いました」
posted by 大星雲 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

兼六園  その後の徽軫灯籠(ことじとうろう) 京都の友よりの写真と文                 十一月十二日

DSC07878.jpg 昔びとの優しい豊かな美意識か

   水面を照ら灯篭に紅葉かな


   友の曰く
   「難しい名前の灯篭ですね 
   東日本被災地の名庭園の石灯篭 観光客を呼び復興の手伝いの最中でしょうか」
posted by 大星雲 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

雪吊りの松 その後  京都の友よりの写真と文     十一月十二日

DSC07908.jpg よその国にもこんな美しさはあるのかな

DSC07900.jpg お役に立つわら縄も喜んでいるようです

  冬を待つ雪吊りの松の縄の張り

   友の曰く
   「先月はまだ雪吊りの最中で完成の美しさを見ることができず
   今回はそれを見ることができました 人の心の暖かさを感じました
   東日本被災地にも と思いました」
   
posted by 大星雲 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

兼六園雪吊り         京都の友よりの写真と文

あああああああDSC05688.jpg 老松への思いやり 美がここにも

   雪吊りや手伝い見上ぐ老庭師


   友の曰く
   「東日本被災地のお年寄り 大事にされて一日を過ごされているでしょうか
    どうかどうか と思います」
posted by 大星雲 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

御所の蹴鞠      京都の友よりの写真と文    十一月一日

DSC02919.jpg 品良く蹴ること 難しいでしょうね

目の玉の忙しく見る蹴鞠かな


  「御所の一般公開で蹴鞠が行われました 
  東日本被災地の行事 上手く運んでいるでしょうか」
posted by 大星雲 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

東の郭    金沢   京都の友よりの写真と文   十月二十八日

zzzzzzzzzDSC05371.jpg 日本の音が聞こえそうです

真向かいのお茶屋に届く秋の影


  友の曰く
  「東日本被災地にもこんなところがあったのでしょうに 今は懐かしむばかりですね」
posted by 大星雲 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

金沢城      京都の友よりの写真と文    十月二十八日

DSC05093.jpg 白壁 何よりも一番です

  秋天や城の櫓を引き受けて


   友の曰く
   「お城を見ると気持ちがすかっとします 被災地の復興もすかっと進んで欲しいです」
posted by 大星雲 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

金沢 兼六園     京都の友よりの写真と文     十月二十八日

DSC05113 (2).jpg 皆ここで足を止めますね

   兼六園秋風呼ぶや石灯籠


   友の曰く
   「何も言わぬ石灯籠 耳をすませば一番話をしているかもしれません
   東日本被災地でも何も言わない人々の声をよく聞いて欲しいですね」
posted by 大星雲 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

二見ヶ浦     京都の友よりの写真と文   十月二十四日

DSC03210.jpg 新しい大注連縄 もうすぐです

   秋風や二見ヶ浦の旅の人


   友の曰く
   「東日本被災地の秋風はと思います 復興を後押しする秋風になって欲しいものです」
   
   ようやく彼女が元に戻りました 一週間程前のパソコン画面に「ウインドウズ10に無償で
   アップグレード」と出ましたので早速やってみました 
   新しい画面はおもちゃのように賑やかでわたしには疲れるだけでした 元に戻すには と思い
   本を買いその通りに操作をして元に戻りましたが 言語バーがどこかへ行ってしまい操作をす
   るもなかなか見当たらずローマ字のみで ひらがなへの変換ができませんでした ブログもメ
   ールもできず 店か会社か と思い会社に教わりやっと本来の彼女に戻ってくれました 
   おしゃべりの多い遊びの多い彼女はこちらが疲れてしまいます
   やはり控えめな優しい彼女がいいですね  彼女に愛をささやきましょう 松謠堂文庫主人 
posted by 大星雲 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

パソコン 不具合 言うことを聞かず しばらくお休みです

ウインドウズ 10 探し物に苦労をしています 
しばらく休みます
posted by 大星雲 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

女人の写真はいいですね   時代祭り   京都の友よりの写真と文

DSC01486.jpg 唐服の色気 ひと味違いますね また良し

 尊きひとに野中の道の秋を見せたや 
                     

  友の曰く
  「桓武天皇の忘れえぬ女人 東日本被災地にも過ぎし日の恋がたくさんにあったことだろうね
  思い出す若い気分 復興の力にと思いますね」
posted by 大星雲 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする