2014年11月30日

南禅寺塔頭 天授庵

DSC07090天授庵.jpg 計算の美しさか

  箒目を見せて色濃きもみじかな

 友の曰く
 「被災地があちこちに お元気で冬をと祈りますよ 天よ授け給え 天授庵」
posted by 大星雲 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

天授庵の紅葉     京都の友よりの便り   十一月十四日

DSC07049天授庵の紅葉.jpg 紅葉の輝きが部屋中に

  畳にも名残の京の紅葉かな


 友の曰く
 「愛でること そして祈ること 復興の一日も早いことをと思いますね」
posted by 大星雲 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

木曽山脈の雪の岳樺   昨日

IMG_002111-27.jpg 岳樺は雪の中の眠りか

  雪の中に埋もれてゆく岳樺
       十一月終わるその姿見ん


 あちこちの大変な被災地 十一月が終わるがどうだろうか
posted by 大星雲 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

阿蘇山の噴火   

IMG_0019aaaaaaa.jpg 見て見てと山が呼ぶ

  阿蘇山の噴火の赤き火を思い
       昨日の時雨の今朝の山見る


 阿蘇山の噴火 御嶽山の噴火 そして各地の地滑り 天よ 天よ どうか天よ
posted by 大星雲 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

見飽きない水の作業

sazanami.jpg 自然のリズムかよそ見をせずに

  時雨降る舗装の山道一面に
        小波を作り流れ行きたり


 地震の神様 静まり給え 静まり給え


 
posted by 大星雲 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

岐阜中津川 山の湯    十一月二十四日

rennzuniuteki.jpg 眼に美味

iwasusou.jpg 意に美味


 山の湯に歩む小径に時雨降る
       赤きもみじに黄茶の木々に


 芭蕉に時雨 東日本被災地は時雨か小雪か
posted by 大星雲 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

信濃国分寺僧房跡

soubouato.jpg ここに立てば千二百年前が

 僧房の礎石は何処に落ち葉かな


 東日本被災地の落ち葉 小雪の下か
posted by 大星雲 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

信濃国分寺跡へ

sanadayukimura.jpg 真田幸村の眼に残る山紅葉

 もみじの山横目で急ぐ十勇士


 伊達政宗 東日本被災地の復興を祈るか
posted by 大星雲 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

スキー場の猿     十一月十六日

sarukunn.jpg ボクの親類か

 親しさや少し覚える猿の秋


 東日本被災地の猿 原発事故に遭った猿 どうしているのだろうか
posted by 大星雲 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

水路閣の紅葉   京都の友よりの写真と文

DSC07026水路閣.jpg 堂々たる姿 堂々たる作者か

 春桜秋のもみじや水路閣


 友の曰く
 「明治の風格 百二十余年を過ぎる 東日本被災地の百二十余年後は
 どうなっているでしょうか 恥ずかしくないようにと祈りますよ」
posted by 大星雲 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

賀茂川の鷺 京都の友よりの写真と文    十一月十四日

DSC06857kamogawanosagi.jpg こりゃ鷺の漫才か夫婦の戯れか

 寺々のもみじの便りや鷺の京

 友の曰く
 「東日本被災地を三年見続けている鳥の気持ちはどんなでしょうか」
posted by 大星雲 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

圓光寺の杉苔  京都の友よりの写真と文

DSC06506sugigoke.jpg こんな素晴らしい杉苔 京都ね

 杉苔に呼ばれたような落ち葉かな


 友の曰く
 「杉苔も落ち葉も東日本被災地の復興手助けに お願いしたいですね」

 訂正のこと 
 去る十一日のブログ「源光庵の紅葉」は「紅葉始まる東福寺」の誤りです 
 松謠堂文庫の間違いでした
posted by 大星雲 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

空木岳

utugi.jpg 岳樺も雪の中

  秋空の晴れたる朝の五日月
       空木の山は雪を被りて


 東日本被災地 雪は 悪しき話は 心せねば
posted by 大星雲 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

圓光寺 京都の友よりの写真と文    十一月十二日

DSC06479.jpg 赤い色は強い

 コッペパンを持ちて京都を廻りたる
            修学旅行の寺は秋なり


 東日本被災地の子供達 修学旅行は楽しく出来ただろうか 
 親を亡くした子らは元気で行ってこられたのだろうか
posted by 大星雲 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

山が見たくて

IMG_0419houkenn.jpg なぜ 晩秋は

 晩秋や晴れたる朝は先ず岳を


 東日本被災地でも晩秋の晴れの日は尊いことだろう 


 
posted by 大星雲 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

「そうだ京都に行こう」   京都の友の送りくる写真と文   十一月十二日

zzzzzzDSC06392.jpg さすが京都

 京に来て迷悟の庭の秋を見る


 友の曰く
 「JR東海のそうだ京都に行こうが、この源光庵さんです 
 東日本被災地の電車でも見られることでしょうね ひと時の息抜きを」  
posted by 大星雲 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

一番の寒さか

sennjyouaaaaaaa.jpg 雪と紅葉 日本美し

  時雨降る昨日越したる峠道
        寒さ緩まず仙丈に雪見る


 各地一番の寒さか 東日本被災地大変だろう 少しでも心身暖かく
posted by 大星雲 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

大鹿村から天龍村へ

IMG_0325oosikamura.jpg クレパスで画用紙にグイグイと
 
 赤石の山より来たる急流の
      両岸の山々黄に紅葉して


 東日本被災地は雪のところがあるという 一人暮らしの被災者は元気でおられるだろうか
posted by 大星雲 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

高桐院の紅葉    京都の友の送りくる写真と文

DSC05650.jpgお小僧

 小坊主の振り向いていく紅葉かな


 友の曰く
 「窓からの紅葉をちょっと見てなんて風流な若僧じゃないですかね
 東日本にも本当の佛の教えを実践する若僧がいてほしいですんね」
posted by 大星雲 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

源光庵の紅葉    京都の友の送りくる写真と文   十一月八日

DSC05741gennkouann.jpg 京言葉に似た紅葉でしょうか

 京の寺友の便りも紅葉かな


 友の曰く
 「京都の紅葉はこれからですが東日本被災地はもう終わってしまったのでしょうね」
 
posted by 大星雲 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

御所の雅楽 蛇    京都の友よりの写真と文

DSC04896bbbb.jpg 握られる蛇も秋を知るか

 舞人も持つ手の蛇も暮れの秋


 嫌われがちな蛇 東日本被災地の蛇 冬の近いを知るか
posted by 大星雲 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

天竜川の時雨

sigure.jpg なんと美しい自然の情か

  友訪へば時雨の中なる天竜川


 東日本被災地も広島も時雨の中か


 
posted by 大星雲 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

御所の雅楽    京都の友よりの写真と文

DSC04737.jpg 古は神が近かったのですね

 東洋の舞楽の終着日本秋


 友の曰く
 「正倉院と御所 東洋の文物の終着 溜まり場ですね 東日本被災地もですね 文化は豊か」
posted by 大星雲 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

御所の一般公開で雅樂が  京都の友よりの写真と文  十一月三日

DSC04565.jpg 宇宙を雅楽の調べが包むか

  秋天や雅楽の調べの億光年

 友の曰く
 「御所の一般公開で雅楽が奏じられました 東日本被災地も広島にも御嶽山にも 
 雅楽の祈りの調べが届きますように」
posted by 大星雲 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

同級会   馬見塚

doukyuukai.jpg 遠くからの同級生の見る山

  遠き友呼ぶ故郷の紅葉かな


 東日本被災地も広島も紅葉の中での同級会が盛んなことだろう 明日のファイトとなるように
posted by 大星雲 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

全国秘境駅ランキング 第四位  飯田線田本駅

IMG_0031tamotoaaaa.jpg 天から降ってきたような賑わい

 秋天や団体降りて秘境駅


 ホームの前後がトンネル 裏側は土砂崩落防止のコンクリート壁 反対側はちょっと覗き込めば
 天竜川に転がり落ちそう という断崖絶壁に  無人地帯集落まで急坂徒歩二十分 外界から閉
 ざされた空間   東日本被災地にもこんな駅があるのだろう

 
posted by 大星雲 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

目にも秋耳にも秋   今日の宝剣岳

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg 秋は川の楽器の音楽会

  川音を吾がものとして秋の山


 秋は天も澄むが音も澄む 被災地も澄むか 疲れが取れるか どうかどうか


 
posted by 大星雲 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

秘境という駅 秋は寂しく

miageruiwa.jpg 景観のひとつか

 見上げれば大きな岩ののり出して
           秘境という駅秋は寂しく


 東日本被災地の懐かしい景観 思い出を力に


 
posted by 大星雲 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

秋雨に木々の語りかけ     文化公園

ameagaru.jpg 秋は一瞬一瞬が感じられる

  秋雨や樹々饒舌に日は暮れぬ


 東日本被災地も広島も秋雨の夕べか
posted by 大星雲 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

飯田線 金野駅  秘境駅九位

kinnno.jpg 観光客しか降りない駅か な

 山峡の駅より見あげる秋の空
      金野駅なる金の字に触れて


 金の字に触れると金運に恵まれるという 東日本被災地にこそ金の字を
posted by 大星雲 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする