2014年10月31日

懐かしい鉄橋   飯田線

IMG_0035tonnneru.jpg 鉄橋の古典 此処にあり

 電車響く古き鉄橋山峡の秋


 原発事故福島第一 大変な作業という 使い捨てではないだろうな そんな気持ちではないだろう
 な  わからんぞ
posted by 大星雲 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

天竜峡駅  130のトンネルの始まり

tonnneruhajimaruaaa.jpg ここからトンネルが続く 新人生

 天竜峡駅経ちて隧道百三十
       秋風冷たき山峡を走る
 

 東日本被災地 三陸鉄道 頑張ってね
posted by 大星雲 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

日本国宝展    東京国立博物館

kokuhou.jpg 日本の素晴らしさを忘れず

 秋天や国宝展に並ぶ列


 東日本被災地の 広島の 国宝の数々も
posted by 大星雲 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

仙丈岳 赤し

utukusii.jpg こんな山を見ると飛び上がる

 刻々と赤石山脈に夕日良し
       仙丈赤く戸倉も赤く


 原発事故立ち入り禁止地区も美しい紅葉か 悲しい
posted by 大星雲 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

紅葉と遊ぶ子供たち     駒ヶ根文化公園

IMG_0131syoumyou.jpg この純真の時間が羨ましい

 赤黄いろ落ち葉の中の児等の声
         聲明の真意この中のあるか


 子供たちの喜気と戯れる声は素晴らしい 東日本被災地の子供たち 元気な声を
posted by 大星雲 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

箕輪町を歩く

sannroku.jpg 足が歩けば知恵も歩くよね

 南信濃の古墳の町の古き道
     寺々の紅葉の秋天に舞う


 東日本も広島も健やかなる秋天を
posted by 大星雲 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

山の紅葉早し

kyuniaaaa.jpg 急に紅葉をしたと思える山の姿

 三日ほど山は激しく紅葉す
      母を亡くせし娘の声を聞く


 東日本被災地広島御嶽山 哀しき声ばかり 人の世の一面か
posted by 大星雲 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

北岳の夕日

yuuhi.jpg 富士山の次に高い山

 仙丈岳初雪消えて幾日か
       北岳の雪夕日に白し


 東日本被災地のボランテァの皆さん 本当に有り難い事です
posted by 大星雲 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

秘境駅と呼ばれる駅

rosennzu.jpg 飯田線にはたくさんの駅 

 秋天や秘境駅と呼ばれる駅に立つ


 東日本被災地の秘境駅は岩手県福島県に4駅 秋天に賑わうか
posted by 大星雲 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

飯田線秘境駅   十月十九日

iidasenn.jpg パンフレット見るだけでもね

 秋なれやてるてる坊主大多忙


 東日本も広島もてるてる坊主さん 忙しくなってきただろうか
posted by 大星雲 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

天竜峡の果物屋さん

akairinngo.jpg 故郷を思いだすね りんごは

 天竜峽大橋の脇のくだもの屋
       信州りんごの赤々と並ぶ


 東日本被災地の果物屋さん 青森のりんごが並ぶか 沢山に売れるように
posted by 大星雲 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

天竜舟下り

tennryuukyou.jpg 船頭さんの龍峡小唄が聞こえる

 十余人客乗せ小舟は漕ぎゆけり
        市丸の碑に野菊の花咲く


 東日本被災地にも野菊は盛りか 秋草を楽しめる日々を
posted by 大星雲 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

天竜峡

itimaru.jpg 人の縁か風光の縁か 大事に

  市丸の小唄秋風天竜峡


 東日本被災地の小唄民謡 一日も早く皆に歌われんことを


 
posted by 大星雲 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

讃岐国分寺資料館 金堂模型

IMG_0113.jpg 1200余年前の祖先 凄い

 秋気満つ丹塗の金堂の模型かな
  

 東日本被災地 模型に希望を
posted by 大星雲 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

讃岐国分寺の瓦    讃岐国分寺資料館

IMG_0114kawara.jpg それぞれの美しさが面白さが

 豪族の造りし瓦の文様の
     三つ四つありて国分寺建つ


 原発被災地 村の存続が心配という なんとか帰村を帰村を

posted by 大星雲 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

築百年の姿に  西春近

DSCF8088okusanntttt.jpg 柿の木を透ける秋の陽の影が

 生涯の残り事一つ築百年
      元の姿に亡き師の妻は


 東日本被災地には良いたたずまいの家屋が沢山にあっただろうに


 


 
posted by 大星雲 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

讃岐国分寺資料館   千二百年前の良い景色

IMG_0110kokubunnjitoniji.jpg 坊さん尼さん海の幸に恵まれて

 讃岐うどん尼寺も国分寺瀬戸の海風


 東日本被災地も秋の海風か
posted by 大星雲 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

19号台風北上す

IMG_0003kouyouowaru.jpg 19号台風過ぎる 丸裸の木々

 台風一過峯の岳樺一葉もなし


 東日本被災地 被害少なく過ぎるか
posted by 大星雲 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

讃岐国分寺模型   鐘楼

syourouato.jpg 伽藍配置 奈良時代の気宇が

 夏草や鐘楼は塔と語るらし

 台風は東日本の被災地を如何に過ぎるか 天よ 天よ
posted by 大星雲 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

皆既月食終わる   21時30分

gessyokuowaru.jpg ホッとする月のうさぎさん

 地球の影抜け出す月の三時間
                   部分食の始まり  18時14、5分
                   皆既の始まり   19時24,6分
                   食の最大     19時54、6分
                   皆既の終わり   20時24,5分
                   部分食の終わり  21時34,7分

 台風の目のはっきりと見える19号 早く海に海に去れ 
 東日本も広島も御岳もそのままにして
posted by 大星雲 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

皆既月食  赤き月

IMG_0434yoine.jpg  お酒に酔ったお月様

 刻々と変化見せる月食の
      その尽きるときの赤み増しゆく


 仮設住宅の一人暮らしのお年寄り 月食を見ることができたのだろうか
posted by 大星雲 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

ノーベル物理学賞 日本人三氏受賞  十月七日 

no-berusyou.jpg 活字も嬉しい事だろうなあ

 錦秋やノーベル賞のまた並ぶ


 なんと嬉しいことか 被災地にこのお力を
posted by 大星雲 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

皆既月食   昨夕

aaaaa.jpg 月はお隣の感じがする 親しい

 月面に丸き地球の蔭の見ゆ
      万歳の我が手何処にか見ゆ


 月食の月光 被災地を照らす 祈りて照らす
posted by 大星雲 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

皆既月食  今夕

IMG_0352261008.jpg 盛りを過ぎて

 月食と言いて朝見る秋の山


 原発事故立ち入り禁止地区 山は紅葉 悲しき紅葉
posted by 大星雲 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

讃岐国分寺七重塔模型

IMG_0084nanajyuutou.jpg 鳥の目になって模型を見ると

 堂々の模型の塔に秋高し


 被災地も秋 早く以前の人並みの秋に
posted by 大星雲 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

讃岐国分寺復元模型

zennbou.jpg 往時の面影がはっきりと

 金堂も七重塔も回廊も
      縮め建ちたるその草原に


 東日本も広島も安堵の家の早く建たらんことを
posted by 大星雲 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

月があって有難い  十月三日

IMG_0350otukisama.jpg 月は見ている

 中秋の名月過ぎて幾日か
     ガラス戸開けて今宵の月見る


 月に祈る 自然の猛威の収まらんことを
posted by 大星雲 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

讃岐国分寺跡に築地塀復元

tukidibei.jpg この草原の向うに古今の思いが

 在りし日を想いて復元の築地塀
        古今の秋を我がものとして


 秋の美しさは秋の寂しさ 被災の方々には尚更のことか
posted by 大星雲 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

讃岐国分寺僧房内部の実物模型

soubou.jpg
 

IMG_0099.jpg 若き僧の仏の教の勉学の様が

 若き僧共に学びし僧房の
      昔を偲ぶ礎石と柱は


 被災地の学童 借り物のような日々ではないだろうか
posted by 大星雲 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

讃岐国分寺僧房跡

soubou.jpg 語り合っているか 来し方を

 僧房跡の虫の声聴く礎石かな


 虫の声を聞けない寂しさ 聞ける嬉しさ 被災地は寂しさが募る
 
posted by 大星雲 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

讃岐国分寺 釣鐘  奈良時代

kane2.jpg 松籟と鐘の音 美しい構図

IMG_0061kane.jpg 今の鐘にない素朴純朴の音いろ

 百円也 秋天に天平の鐘を聴く


 鎮魂の鐘か 天よ 少なく少なく 災害を


 
posted by 大星雲 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする