2011年12月31日

浅間山に祈る 京都の友の送りくる写真と文  十二月二十七日

DSC03487asama.jpg

 浅間山そのふっくらを新年に


 友の曰く
 「浅間山は天平美人のような山ですね 雪がうっすらとかかると一層ですね
 一年を有難うございました 京都の頭脳また見てください」


 ふるさとに帰れない人たち 帰る所のない人たち もう親に逢えない子供たち
 もう子供に会えない親たち 団欒に縁を失った人たち
 今年ほど唱歌「故郷」に涙した年は無かった  新年に沢山の祈りを込めて
posted by 大星雲 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

浅間山の朝  京都の友の送りくる写真と文

DSC03525.jpg

 冬枯れの佐久に遊べる京の友
    深呼吸と言う浅間山の朝


 友の曰く
 「日の出の浅間山を見て 深呼吸と思いました
 東北の山々 早く深呼吸を思いつく対象に見えるようにと思いますよ」 
posted by 大星雲 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

佐久のクリスマス  京都の友の送りくる写真と文  

DSC02725佐久.jpg

 鈴の音に佐久の草笛前夜祭
 

 友の曰く
 「信州佐久に遊ぶと藤村の詩を口ずさんでしまいます
 東北で生まれた詩の数々今こそ被災の方々のこころの糧に力にと思いますね」
posted by 大星雲 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

八瀬の瑠璃光院  京都の友の送りくる写真と文  十二月十五日

八瀬の瑠璃光院.jpg

 錦秋に無常横たうや京の古寺


 友の曰く
 「八瀬の瑠璃光院も落葉近しです 移りゆく天地の相を感じます
 被災地に思う無常を良いほうに今こそ変わる無常と考えたいですね」
posted by 大星雲 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

名刹紅葉  京都の友の送りくる写真と文  十二月七日

紅葉.jpg

 坐す人の顔も紅葉や京の庭


 友の曰く
 「東北の被災の方方にこんな時間を と思いますね
 冬を無事に越されますように」
posted by 大星雲 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

ルオー  清春白樺美術館

DSCF9904.jpg
           ミセレーレ(汝ら、互いに愛し合うべし)

 聖誕祭終えて田舎のイルミネーション

 
 地震さえなければと思いつのるクリスマス終わる
 主よ 主よ 被災者に安らかなる日々を

posted by 大星雲 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

「地の果ての聖母」  ジョルジュ・ルオー  清春白樺美術館

DSCF9896.jpg

 母なき子子なき母やクリスマス


 サンタクロースになれぬ母と母に抱かれぬ子 
 被災は永久の悲しみ そして聖母の悲しみ 
posted by 大星雲 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

「月明かり」  ジョルジュ・ルオー  清春白樺美術館

DSCF9897.jpg

 誰牽くか親失せし子に月明かり


 被災の孤児 どんなクリスマスーイブか 言葉も憚るか 
 父母は常にいるのだよ いるのだよ 見ているのだよ
posted by 大星雲 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

天皇誕生日  仙丈岳

DSCF9888.jpg

 雪山に日の丸の赤の良き日かな


 陛下の被災者への思い 深く痛む思い 毎日祈っておられることであろう
posted by 大星雲 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

冬至の南瓜

DSCF9888.jpg

 大南瓜天体今日も狂いなし


 明日から少しづつ日が長くなると言う そして明日から寒くなると言う
 東北の被災の皆さんは南瓜を頂けるだろうか 寒さに負けないだろうか
posted by 大星雲 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

ハナミズキの実

DSCF9886.jpg

 赤き実の沢山生りぬ花水木
     小鳥啄ばむか朝毎に地に


 今朝知らない女性二人が「大変な世の中ですがよくなります 聖書に書かれています
 啓示の二十一章四節を読んでください」と言って 隣の家に行った 
 どの宗教宗派であれ東北被災の方方の暖かな冬であることを祈りたい
posted by 大星雲 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

清春臥龍桜  清春白樺美術館

老.jpg

台風に二つに割られ倒れしまま
       老櫻咲き続く十余年の花


説明板に 「清春臥龍桜 (樹齢八十年) 一九九八年九月十六日 台風五号の暴風によって
 幹周り約六メートル高さ約十五メートルのこのソメイヨシノは根元から真っ二つに割れました
 一時は再起不能かと思われましたが多くの人の熱い願いで蘇り春には見事な花を咲かせること
 が出来ました」とあり  長く長く生き続き咲き続けて欲しい桜木なり
 東北被災地でのボランテアのみなさんの熱い願いの有難さ尊さ


posted by 大星雲 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

菊の絵 長与善郎  清春白樺美術館

DSCF9816.jpg

 小雪舞う畑の隅の残り菊
     下葉枯らして三つ四つ咲きぬ


 寒菊の妙はこの風情に尽きるか
 「原発事故は収束」 言葉は人と言う なんと被災者のこころを知らない情けない言葉を
 吐くのだろうか 臆面も無くものを言う馬鹿さ加減 原発被災には秘めたる腕力暴力が要
 るのではないだろうか ほとぼりのさめた頃また逆なでをする言葉を吐くのだろう

posted by 大星雲 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

宿木   昨日

DSCF9875.jpg

 雪山に宿木は強し黄緑して


 「原発事故は収束」などと少しづつ誤魔化しを始めている政府と東電 
 世界の国々も頷きはしないであろう 
posted by 大星雲 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

極楽の紅葉  京都の友の送りくる写真と文  十二月七日

DSC00689瑠璃.jpg

  極楽も紅葉見入るか京の寺


 友の曰く
 「三月 浄土に生まれた皆さん 残された者の末を祈りつつ紅葉を愛でているでしょうか」

posted by 大星雲 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

浅間山    十二月四日

DSCF9840.jpg

 冬枯れややわ肌にも見ゆ浅間かな


 与謝野晶子は今こそ東北の男女の愛が東北被災の復興の力となる事を語るだろう
posted by 大星雲 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

冬の雲になっていくような有明の月

DSCF9874.jpg

 吾等住む地球の直径の4分の一
        有明の月は冬空の雲と


 月は質量のある大きな塊 それが雲と同じ様に見える
 同じようにひとくくりにしがちな東北の被災の方方の冬の生活 文句も言わず耐えて
 居られるのだろうか 行政は細かなところを探し謙虚に手伝いをしているのだろうか
posted by 大星雲 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

雪山に月が沈む    木曽山脈宝剣岳昨日の朝

DSCF9863.jpg

 残月の雪山にあり徒然草


 吉田兼好は東北の諸々の被災に何を語るだろうか 
posted by 大星雲 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

精一杯の月

有明.jpg

 三日前月食を終え今朝の月
     師走の青空力の限りを


 着地定まらぬ地球の住人 月を見て奮起一番を思うか 吾も人も
posted by 大星雲 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

2011年12月11日 石灯籠 源光庵 京都の友の送りくる写真と文

DSC01279庭の光.jpg

 月食と言うも実在の赤き月
     明けて今宵より復興を照らせ


 友の曰く
 「深いしずけさの中に月の光を浴びる庭
  石灯籠は何かを語りだすようです」
posted by 大星雲 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

源光庵 様々な落ち葉  京都の友の送りくる写真と文

DSC00268落ち葉厚し.jpg

 掃く紅葉掃かれぬ紅葉人の世や


 友の曰く
 「紅葉の葉でもかたや観賞の対象に 不公平ですね
 不公平といえば世の中で絶対と思われる一つのことを
 除いてみな不公平 不公平の海の中に居るのですね
 被災者の皆さんに安心の船を と思いますよ」
posted by 大星雲 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

名古屋行き  皆既月食 23時31分50秒との事なり

 DSCF9849.jpg

  月食や飲み込むに手間取る野菜なし


  時間をかけて胃に肉を送り込む 時間をかけることを当たり前とする
  国の外交も被災地の皆さんの行政への交渉も肉を食するが如き粘着性
  と腕力が大事 日本人に欠けていることは腕力と粘着 と思う
posted by 大星雲 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

円光寺石仏  京都の友の送りくる写真と文

   DSC08367.jpg

    石ぼとけ御足に誰か紅葉の葉


    友の曰く
    「可愛い石ぼとけに可愛いいたずら
    風でしょうか あるいは幼心への郷愁でしょうか
    被災の皆さんに石仏の思いを などと思います」
posted by 大星雲 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

光悦寺の秋色  京都の友の送りくる写真と文

DSC03888.jpg

 降る雨をみな慈雨として古都紅葉


 友の曰く
 「京都では雨にぬれて紅葉が色濃く鮮やかになります 
 その土地に降る恵みの雨 被災地の雨は悲しいですね」
posted by 大星雲 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

姨捨棚田

DSCF9824.jpg

 信濃路や棚田いじらし枯野かな


 原発被災の田畑 祖先の開墾創り給いし田畑 米野菜作れぬ田畑 
 この思い 東電は国は知るか 
posted by 大星雲 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

姨捨駅にて    十二月四日

DSCF9819.jpg

 姨捨の棚田に冬の陽晴れ上がり
         千曲川長く青光りして


 東北の大河 最上川そして阿武隈川 
 早い復興を 河と人の係わりは深い
    
posted by 大星雲 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

光悦寺垣 十二月三日  京都の友の送りくる写真と文

こうえつじ.jpg

 雄渾な垣根を越して紅葉かな  (光悦寺垣)


 友の曰く
 「植物にも運不運がありますね 移動できない彼らはどのように運と向き合うのでしょうか
 東北の皆さんに幸運が と思いますね」

posted by 大星雲 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

今日の篠ノ井線  松本を過ぎて

DSCF9825.jpg

 北へ北へ雪山誘うや常念岳


 常念を過ぎて見え出すは雪の塊の山々 東北の山々更なる寒さだろう
posted by 大星雲 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

源光庵 京都 十二月三日 京都の友の送りくる写真と文

DSC09156gennkouann.jpg

 隣り合う迷悟の窓や暮れの僧


 友の曰く
 「在宅被害者届かぬ物資」 これは昨日の新聞の見出しです あれから九ヵ月を過ぎようと
 しているのに 未だにこの現実 言い訳を隠れ蓑に横着になっていく行政役所職員 ハードル
 を超えなければだめですよね」
posted by 大星雲 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

十日ほどして 円光寺  京都  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

こんなに.jpg

 本堂は紅葉弥増す昨日今日


 友の曰く
 「京都の紅葉は日に日に色を変えてゆきます 再び訪ね回る面白さがあります
 木々はわたしたち以上に無常お感じていることでしょう 瀬戸内寂聴が先日のテレビで
 無常ということを話され東北復興を祈っておられました」
posted by 大星雲 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

圓光寺大紅葉  京都  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文  

のぞくもみじ.jpg

 一斉に本堂覗く紅葉かな


 友の曰く
 「この一点自画自賛ですが 大満足をしています 
 被災地東北や信州の広い紅葉を愛でるその対極の美と思っております」
posted by 大星雲 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする