2011年09月30日

幼稚園児入場  小学校の運動会  七久保

DSCF9122.jpg

 園児来て逞しく見える一年生
     日本の国運飛び上がり来る


 原発事故の中の子供たち 国運を背負う子供たち  
 東電は段々と横着に開き直るようになっているのではないか
posted by 大星雲 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

穂高連峰の紅葉

DSCF9230.jpg

 穂高連峰紅葉の始まりと報ず
     木曽駒晴れれば双眼鏡で見る


 被災地では寒くなる十月を何とか過ごせるだろうか 暖かい支援を早く早く
 木曽駒も紅葉の始まりなり
posted by 大星雲 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

佐野成宏チャリティコンサート  九月七日

DSCF9227.jpg

 豊かな声歌い終わりて悠々と
     楽しげな足ステージ去りたり


 震災復興のためのチャリティコンサート 被災地に届けお金も歌声も
posted by 大星雲 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

棒取り競争  小学校の運動会  七久保

DSCF9140.jpg

 竹棒を先ず一本置きに来て
    また直ぐに行く足速き子は


 この子らの敏捷さを政界は学べ 
 東電も然り 煩雑な賠償手続きとは何事か 
 被災者をおちょくっているのであろう
posted by 大星雲 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

素敵な案山子  長谷  九月二十五日

 DSCF9202.jpg

  甲斐駒を源として流れ来る
       三峰川の田に案山子立ちたり


  見よ 原始の力を秘めたる女性 被災地に力を
posted by 大星雲 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

岩場の草叢に秋が   昨日

DSCF9181.jpg

 頂に紅葉始まる色見せて
     木曽山脈の九月は過ぎぬ


 被災地東北も秋彼岸が終わる 今までにないお彼岸 頂はもう紅葉半ばか
posted by 大星雲 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

台風一過 秋の雲

DSCF9161.jpg

  かな書きの筆のかすれに見える雲
         宮の大杉の上を浮きゆく


  秋の雲の妙趣を楽しめる日々を 被災地の方々に早く早く
posted by 大星雲 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

秋分の日

DSCF9159.jpg

 ラジオ体操終えて見上げる神社の杉
          秋の彼岸の朝行く月が
 

 被災地からも見上げているだろう 今朝の残月を  
posted by 大星雲 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

大玉送り  小学校の運動会  七久保

DSCF9113.jpg

 大玉送り始まる前の玉の静けさ



 被災地の子供たちの運動会 元気な声よ 高く響け
posted by 大星雲 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

天の磐戸  小学校の運動会

DSCF9108.jpg

 綱引きや天の磐戸を引く力


 閉塞の日本の磐戸を開くは綱引きを頑張る少年少女の力  健やかに健やかに 
posted by 大星雲 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

少年の音  小学校の運動会  七久保小

DSCF9095.jpg

 旗の音少年の音日本の音


 災害で父母を失った少年少女 われわれに出来る手助けは何か
posted by 大星雲 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

長野県看護大学学園祭

DSCF9103.jpg

 骸骨の白布はみ出し学園祭


 昨日は小学生今日は看護師の卵 秋ならでは若者のの催し
 全国の被災地の秋の催しは 明日からの元気の素となるように
posted by 大星雲 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

小学校の運動会  七久保小

DSCF9134.jpg

 万国旗透かして木曽駒運動会


 小学生の一生懸命さを見る 素晴らしい
 この様な一生懸命さを政治家は見せて欲しい

posted by 大星雲 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

旅籠(はたご)と呼びたい宿  足助町

DSCF8773.jpg

 旅籠と言う呼び名懐かし足助の宿
         伊那街道の終わりし町に


 被災地東北の古くからの街道 再び甦らんことを
posted by 大星雲 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

古き家並み 足助町

 DSCF8776.jpg

  街なかに川の流れて足助町
       秋風ぞ吹く古き家並みに


  残暑のなかに気づく秋 被災の陸奥尚早し 備えは如何
posted by 大星雲 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

豊田市足助町へ

DSCF8740.jpg

 幾折れも峠の道を越えて来ぬ
        緑に埋まる足助町に



 自民党は政権奪還自信喪失党になってしまったか 
 二番手がしっかり走らないと先頭がだらけるものだ 
posted by 大星雲 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

十六夜の月 クレーターの見える親しさ

DSCF9074.jpg

 山離る今宵は余徳の十六夜


 余徳 先人の残した恵み情け という 願わくは被災の地に多き余徳を
posted by 大星雲 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

中秋の名月   昨夜

DSCF9061.jpg

 名月や瓜の輪切りを鈴虫に


 人間は時には聞きにくい声を出す 鉢呂前経産相の発言は天の演出か 
 己のその任の不適格を世に知らしめ己よりその任の適格者を世に出し
 たのだから  鈴虫も納得するだろう  
posted by 大星雲 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

もう少し祇園祭 ご神水を汲み上げる  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

DSC03688.jpg

 汲み上げる宮川の水桶の綱


 友の曰く
 「桶の綱は一直線です 復興にこそこぞって一直線で直球で政府は頑張って欲しいです」
posted by 大星雲 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少し祇園祭  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

DSC03825.jpg

 鴨川や神水を汲む桶三つ


 友の曰く
 「厳かな行事です 静かに祈り思う行事です」
                   七月十四日
posted by 大星雲 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

蟷螂山  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

g336.jpg

 蟷螂の気取りて威張る祇園かな


 友の曰く
 「蟷螂の斧 という言葉がありますがその心意気は尊いですよね」  七月十四日
posted by 大星雲 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

舟鉾の舵  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

g332.jpg

 舵取りの難しき世や鉾の舵
 

 友の曰く
 「黒漆塗青貝螺鈿の舵は寛政4年(1792)から世の舵を取り続けているそうです
 現今の政局 与野党私情を超えて主人公は国民と深く肝に銘じて欲しいですね」
                             七月十四日
posted by 大星雲 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

栗拾い  本郷村 九月七日

DSCF9046.jpg

 新鮮な棘(とげ)の痛さよ栗拾い


 地震津波原発に続く台風12号 此の途方もない膨大な犠牲
 日本の国に そして我々の日常の何かを諭す啓示なのだろうか
posted by 大星雲 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

京都祇園祭  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

g323.jpg

 山鉾やゴブラン織りの意気揚々


 友の曰く
 「故郷パリを懐かしんで何百年 日本の山鉾は晴舞台ですね 
 原発被災の皆さんがふるさとを懐かしむなどということにな
 らないように 切にと思います」  北観音山 七月十四日
posted by 大星雲 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

屏風祭り  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

g338.jpg

 堂々の町家屏風の似合いけり


 友の曰く
 「祇園祭宵山の屏風祭りです 確りとした造りの部屋に良く似合います
 被災地復興の祈りを込めた各家家宝の陳列です 
 扁額は 堪忍の二文字 でしょうか」       七月十四日

posted by 大星雲 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

金閣寺の空  山国の吾はうれし京都の友の送りくる写真と文

彩雲.jpg

 金閣寺の空の彩雲秋に入る


 友の曰く
 「こんな雲を見上げると何か良いことが有りそうなと
 思ってしまいます 各地の災害復興を祈りたくなります」

posted by 大星雲 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

信濃美術館東山魁夷館

 DSCF9041.jpg

  かの国の尖りし塔に見る祈り
      ミレーの晩鐘思いて描くか


  東洋の塔西洋の塔祈りの思いがどこか違う 
  しかし 変わらない 被災の民への祈り  (東山魁夷 晩鐘 習作 1969)
posted by 大星雲 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

関根正二  大原美術館展 於信濃美術館  八月七日

DSCF9024.jpg

 賑わいの善光寺脇の美術館
   関根正二の「信仰の悲しみ」を見る


「長野県には仏教信仰の大本山の善光寺がある 信仰に関わる名作を出品しよう」
と思われての本作品の陳列になったのではないだろうか しかしと思う 「信仰の悲しみ」が今世に判るのだろうか 今世の信仰への皮肉とも思える  正二 二十歳 亡くなる前年の作である 福島県の生まれ 故郷の二重三重の被災の苦しみに若い体で耐えていることであろう
(関根正二 「信仰の悲しみ」1918 重要文化財)
posted by 大星雲 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ゆげざんまい  長野古美術展にて

 DSCF8571.jpg

  遊戯三昧忘れずに居て九月来る
 

  河童は東北の人気者 遊ぶの文字の消える事のない様に
posted by 大星雲 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

誇りある野党になれ

DSCF8695.jpg

 盛んなる緑で谷は覆われぬ
     冷たき川の一筋に見入る


 過日の野田候補の演説や良し 野党にも人はいるか
 自民党は「貧すれば鈍する」党となるのか
 品性のさもしい党となるのか 目糞鼻くそを笑う党となるのか
 ヒステリーの鶏のような党となるのか それでは真に情けない
 誇りある野党となってみよ
 
posted by 大星雲 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする