2011年03月31日

京都御所の桜  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 三月三十日


御所.jpg  みちのくの開花は遅し
    被災者の眼に届け日本の桜木


友の曰く
「ひたすら祈るばかりです」
posted by 大星雲 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

解決の目処は何処に  福島原発事故    天神図 棟方志功展より


DSCF8246.jpg 世界の智慧を
 人類の智慧を
 この福島原発に
 どうか天神様
 
posted by 大星雲 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

劣悪な環境のもとで  執金剛の柵  棟方志功展より


DSCF8245.jpg原発修復の現場の皆さん
有難うございます
本当に有難うございます
ご無事なること
祈っております
祈っております
posted by 大星雲 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

福島原発事故を叱る  天女図 倭画 棟方志功展より


DSCF8241.jpgいい加減にせんか
原発よ
いい加減に治まれ原発よ
君の健全なる年月
どれほど助けられたことか
もう治まれ
生みの親の苦悩も知れ
さぁ もう治まれ

posted by 大星雲 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ボランテアの皆さん 本当に有難うございます  薬師如来図 倭絵 棟方志功展より


DSCF8215.jpg [人の有難さがこんなにわかった事はありません どのように恩返しをしたらよいのか」 テレビに映った被災者の一人の方の言葉
posted by 大星雲 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

福島原発事故を   神竜図 棟方志功展より


DSCF8214.jpg どうか治めてください
 お力でどうか治めて下さい
 御智慧でどうか治めて下さい
 どうかどうかお願いです
posted by 大星雲 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

お守りください どうかどうか  棟方志功展にて


DSCF8212.jpg お守りください 
 被爆された方々を
 どうか大事に至らない様に
 どうかどうか どうか 
posted by 大星雲 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

東北の空に暖かき風を   棟方志功展より


DSCF8205.jpg まだ冷たい雪風の吹き込むところに
 暖房の無いところに
 毛布に包まって耐えている人々がいる
 暖かさを待ち望んでいるところに
 お願いします 速く速く
posted by 大星雲 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

有難うございます有難うございます    棟方志功展より


DSCF8179.jpg 被災地で救援に働いていてくださる皆さん本当に有難うございます 
 毎日同じ言葉しか出ません
posted by 大星雲 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

慈恩普及広無限の柵    棟方志功展より


DSCF8196.jpg 消えてしまいそうな人達がいる
 どうかどうか強い強い愛で
 抱きしめてください
 この世に留めてあげてください
posted by 大星雲 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

また一つ教えてください    棟方志功展


いかる.jpg 十九日管首相は谷垣氏に国家的危機に責任分担を求めたという この事についての意見はさておき わたしは 何故自民党はこの惨事を知った時 民主党から協力依頼を受ける前に民主党に協力を申し出なかったのか わたしは此の一事の無きを情けなく思う  明日 日本に爆弾が沢山落ちてもこのような態度を自民党はとるのだろうか 今は日本に大量の爆弾が投下された時なのだ 十九日テレビに映る谷垣石破石原大島四氏の顔 瞬時観相学から見る限り己の不備を隠すための理屈を構築する顔である 言い訳を正当化する顔である あのような顔から出る「国民は」という言葉は聞きたくない 限りなく空虚である 国民を知る顔でも声でもない 全面協力というも落ち度のみを探す事に力点を置く全面非協力ではないのか 今こそ協力の実を挙げてみよ わたしたちは隣人知人が困ると知れば頼まれる前にその手伝いを申し出るを当然としているではないか 福島原発も四十年前の自民党時代の仕事ではないか 何故一言も無く傍観者でいるのか と思う 命がけで職務を果たしておられる方々に格好だけの言葉をかけるのか 議員としての国と国民への責務を真剣に探せ
posted by 大星雲 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

真っ赤な風神   今日の恵那サービスエリアにて


DSCF8182.jpg 被災地へ赤き車の隊急ぐ
    志功が版成す風神にも見ゆ



みな待っております どうかお願いいたしますお願い致します
posted by 大星雲 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

何故なぜ  教えてください 憤怒の菩薩  棟方志功展


DSCF8177.jpg 大震災あれから一週間を過ぎるもなぜ毛布や薬の無い避難所病院が沢山にあるのだろうか 大阪や九州からでも調達してきてどんどん毛布や薬などをヘリコプターから落とさないのだろうか    もし天皇陛下がそのような交通遮断の避難所に避難されておらたならば必ずやへりを使い薬や毛布をヘリから落とし助けるだろう  冬山の数人の救助にすぐ飛び立つヘリが なぜ寒い凍える避難所に薬や毛布を届けないのだろう 何故もっとヘリを使わないのだろうか わたしにはどうしてもわからない  教えてください
posted by 大星雲 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

力強く力強く   棟方志功展


DSCF8174.jpg 被災地に向け避難地に向け力強く走り始めました





みんなの菩薩行です



 
posted by 大星雲 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

あおもり妃の柵  棟方志功展


DSCF8167.jpg  深呼吸を深呼吸してください 胸を広げて深呼吸をしてください 避難されておられる皆さん どうかご自分に精一杯の応援をなさってください 日本中みな応援をしております 



信じてください
posted by 大星雲 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

速く速く  風神の柵  棟方志功展


DSCF8165.jpg どうかどうか速く届けてください いのちを絶対に守るものを



地上は通れなくても空は空いている 勝たなければならない戦争なのだ
posted by 大星雲 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

うどかどうかお願いです   東伊那にて


DSCF8137.jpg 導きたまえ見守りたまえ




生き延びる気力を生き延びる気力を
posted by 大星雲 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

情けは人のためならず


DSCF8157.jpg 罹災者に何かと思いつ己がため
      インターネットの募金に応ず



日本国民一人一人が試されているときか 試験官は天か

posted by 大星雲 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本巨大地震の規模、M9・0に上方修正


DSCF2029.jpg  どんなにかお心をいためられていることだろうか




                 東京国立博物館にて
posted by 大星雲 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

三陸沖 大地震大津波


DSCF8150.jpg  何ということだ 見舞う言葉も空虚になってしまいそうだ 津波で幾つもの村が消えてしまった



舗道を突き抜ける水仙  どうか頑張ってください

posted by 大星雲 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

雪降る田の道


DSCF8133.jpg 春の雪小止みとなりて田の道を
         軽トラ遠く走り行きたり


雪景色に誘われて歩く 一降一変の景 ゴム長靴の重きこと重きこと
posted by 大星雲 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

嬉しくなる音


DSCF8139.jpg 天竜川浅瀬の波は音激し
     岸辺の松に残雪のありて

春先の天竜川の流れ行く音を聞かせてあげたい 嬉しくなる音だから    ざあぁ ざざぁぁ ざざざざあぁ ざざ ざざあぁ ざざあぁざ ざ ざざあぁぁ
ざざざ ざあぁあぁ ぁ
posted by 大星雲 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

楓の木の殻


DSCF8116.jpg 雪晴れや楓の木の殻呼ぶが如く




役目を終えた殻も春の雲を見れば一緒に遊びたくなるだろう

posted by 大星雲 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

重たい雪   三月七日


DSCF8126.jpg 水気多き三月の雪積もりいて
     野の竹薮を押し倒しけり


雪がどんなに積もっても暫くすれば軽くなることを知っているのだろう 竹の持つ天性の余裕か
posted by 大星雲 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

最北の酒蔵  留萌にて  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日


DSC02833.jpg  深深と雪降る中の酒造り
     濛濛の湯気見入る若きは

友の曰く
「最北の酒蔵見学です しんしんもうもうの場を晩酌の肴に 帰れば楽しみです」


posted by 大星雲 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

明日萌駅  留萌にて  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日


DSC02729.jpg  荒れし世に木造駅舎の懐かしく
    夜のしじまを雪の降り積む

友の曰く
「留萌本線恵比島駅舎で連続テレビ小説すずらん のロケでは「明日萌駅」となりました」

posted by 大星雲 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

蛸を干す  留萌にて  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日 


DSC02798.jpg  寒風にこそ滋味あらん蛸を干す




友の曰く
「この蛸が良く干上がった頃留萌のお酒を熱燗で なんて思うと堪らないですね 酒好きの男に生んでくれた親のお陰です」
posted by 大星雲 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

こりゃぁ白熊だぁ 留萌にて  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日 


DSC02672.jpg 石狩川川縁の木の枝に残る
        白熊に似る雪の塊


友の曰く
「気分良くこの雪の塊は枝に載っているのでしょうね」
posted by 大星雲 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

可愛い雪景色 山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日 


DSC02627.jpg 雪荒れの止みてしばらくの石狩川
       川辺の小石に雪の積もれリ

友の曰く
「お母さんと生まれたばかりの赤ちゃんでしょうか  雪の妖精ですね」 
posted by 大星雲 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

友の北海道寸見  山国の吾に心地良し京都の友の送りくる写真 二月二十八日 


DSC02435.jpg 石狩川鮭は何処に雪景色


友の曰く
「北海道の大地に豊穣をもたらしてくれる石狩川 日常の甘さなど冬にはないですね」
posted by 大星雲 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

真っ白な雪の田んぼと竹林


DSCF8072.jpg 吹き上げる天竜川の川風に
    竹林の雪飛び失せにけり



白い世界の中に竹林の緑映える 深呼吸をしてみる
posted by 大星雲 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする